来年に向けた早めの対策が、あなたの合否を分けます。

この勉強法で、すでに結果を出している受験生がたくさんいます。
当ページに掲載している合格証書や感想が証拠です。

嘘・偽りの無い63名からの本物の声

内申書オール3から防衛医科大学・千葉大学医学部医学科のダブル合格

■平成26年度入試で、日本屈指の難関である防衛医科大学と千葉大学の医学部医学科に合格しました。教材をお子さんに薦めたお父様から感想と合格証書をいただきました。


防衛医科大学医学部の合格証書
▲クリックすると拡大




千葉大学医学部の合格証書
▲クリックすると拡大



お世話様です。ネット受験サポートの教材アドバイス等息子本人も要領よく納得し忠実に勉強した結果、難関国立大学の医学部を合格できました。感謝しております。息子は中学2年生までは、内申書はオール3でしたが、幼少の頃から手先が器用で数字の羅列したリスト等が好きでした。この子の才能は医者だと私は直感しました。色々な方のサポートがあり合格できました。ありがとうございました。

90日で平均偏差値が約15アップ

内山君

■高校生の内山さんからマニュアルの感想をいただきました。 マニュアルの内容を実践され、3ヵ月後の模試では平均偏差値が約15アップしました。

内山君からの手紙

今の時期に間違いに気づけて良かった

          

■受験生の山下さんからセンター試験マニュアルの感想をいただきました。
(クリックすると拡大して見ることができます。)

まず冒頭から"センター試験独自の勉強では危うい" "2次試験や記述に慣れておく必要がある" ということでショックでした・・・。

大平さんの現役の話でセンター対策だけではダメということが具体的によくわかって、 今の時期に気づけて本当によかったなぁと思いました。

一週間前の過ごし方、一日前の過ごし方 なども誰も教えてくれないから本当に ありがたかったですし、特に一日前の ジュースの話はかなり説得力がありました。

やる気の出し方や精神的な部分の対処方は 大学受験マニュアルと少しにているなと思いましたが、センター試験マニュアルの方が詳しく書いてあるので実行しやすいと思いました。 (場所を変える、サプリメントをとるなど。)

でも一番良かったのは各教科の具体的なポイントの説明です。 まず"もくじ"を読んでそそられるということ。どこから読もうかとてもワクワク しました。

やはりセンター試験に特化しているだけあって、とても具体的で今から使える テクニックが多く一番読み込んだ部分でした。特に英語の大問ごとの説明、リスニング対策の部分が嬉しかったです。

マニュアルを読み込みながらセンター本番まで 頑張ろうと思える内容でした。 予備校に行くよりもこのマニュアルで勉強を実行していこうと思います。 素敵なマニュアル本をありがとうございました。

多くの受験生がこの勉強法で成績を上げ合格しています

では、どのようにして、彼らは短期間で成績を上げ、目標の大学や学部に合格していったのでしょうか。その秘密を、あなただけに特別に教えたいと思います。

大平俊介



私は浪人の末、医学部医学科に合格し、在学中の6年間に、数多くの受験生に学習法の指導を行いました。

(※このHPは、著者大平の実弟が代表を務める株式会社Abstract Dimensionsが管理・運営しています。著者は医師の業務に専念するために一切の権利を譲渡し、現在は弊社がこの勉強法を広める活動を行っています。※)

その中で、東京大学卒業で慶応大学医学部合格の経験もある女優菊川怜さんを始め、
東大卒プロボウラー山本幸治さんなど、様々な方と対談を行いました。

在学中に撮影した東大卒プロボウラー山本幸治さんとの対談映像は以下よりご覧ください。(約30分)
※再生ボタンを押してから動画の読み込みまで少々お時間がかかります。

私がこの教材を推薦します
対談役 東大卒プロボウラー 山本幸治さん




現在はトーナメントプロではなく、
解説者や指導者としてご活躍されています。

  私立白陵中学 白陵高校卒業

東京大学文科三類合格 東京大学教育学部卒業

卒業論文は「ボウリングにおけるインストラクション」。

米国プロボウリング協会(PBA)公認(No21843)プロボウラー資格取得。

【ボウリング関連著書】

NHK出版 『NHK教育テレビ「趣味悠々」ボウリング』(2004年1月)

ナツメ社 『もっとうまくなる!ボウリング』(2008年2月)

幻冬社 『知識ゼロからのボウリング入門』(2009年11月)

ナツメ社 『スコアアップ・ボウリング』(2010年7月)



【テレビ出演歴】

TBSテレビ 関口宏「ザッツPAPAパラダイス」

TBSテレビ うっチャンなんチャン「炎のチャレンジャー」ボウリング部門解説者

フジテレビ 森田一義「笑っていいとも!」(2003年1月)

NHK教育テレビ 「趣味悠々」ボウリング上級編(全13回)講師(2004年1月~4月)

BS日テレ 「プロボウリングレディース新人戦」解説者(2005年~2008年)

BS日テレ 「ボウリング革命P★リーグ」解説者(2006年~2010年)

NHK-BS1 プロボウリング世界一決定戦「JAPAN CUP」解説者(2006年~2009年)

テレビ東京 「豪腕!コーチング!!」コーチ役(2006年12月)

NHK教育テレビ 「すイエんサー-ボウリングで絶対ストライクをとりた~い!-」講師(2009年12月)

テレビ東京・BSジャパン 「DHCレディースオープンボウリングツアー」解説者(2010年)

BS日テレ他 「LBOレディースボウリングツアー」解説者(2011年)

他多数

大学受験勉強法マニュアル著者 大平俊介のプロフィール



『07'私の医学部合格作戦part1』(エール出版)の著者の一人


著書


自宅浪人、大手予備校を経験。


高校時代は偏差値40から50程度だったが、
現在の勉強法を知り、大手予備校の記述模試の
偏差値70以上、センター試験本試験で、
5教科8科目(理科3科目 ※当時は3科目受験可)で9割を超える。


大手予備校の記述模試で全国総合成績100番以内などの結果を残す。


予備校時代に50万、100万とお金や時間を費やしても成績が伸びない受験生が多いことに気づき、大学入学の頃から自身の大学受験勉強法を、インターネットを通じて、成績が伸び悩む受験生や 保護者の方々に教え始める。



高校時代は、「考えろ!」「寝ずに勉強しろ!」などと言った科学的根拠のない方法で苦しんだ経験から、根性論や机上の空論ではない平均的な能力の受験生でも成績の上がる実践的な勉強法を指導している。


インターネットでの指導開始から、毎年、国公立医学部や難関国公立・人気私大などへの合格者を輩出している。ウェブサイトは感想の数が膨大でかつ信頼性が高いことで有名である。



取得スキル例 (クリックで拡大)

spx

最新の米国認知科学の成果を盛り込んだ教育指導プログラムの受講終了証


第106回医師国家試験の合格証書

以下の動画では、著者の大平から大学受験合格へのメッセージや アドバイスをお話しています。
(約10分)

では、なぜそんな私がこのようなサイトを立ち上げたのでしょうか? その理由は簡単です。
ずばり、

間違った方法で努力している受験生が
あまりに多いからです。

そんな受験生に、間違った勉強方法とは何か、逆に効率の良い正しい勉強法とは何かということを知ってもらい、成績を上げ、憧れの志望校に合格してほしいと思っています。

「でも、レベルの高い大学にはもともと頭が良くないと合格できないんじゃない?」 という声が聞こえてきそうですが、心配することはありません。

実は、私自身以前までは模試の成績はいつもE判定よくてもD判定でした。 模試の結果からわかるように、私はもともと頭が良かったわけではありません。

模試成績表ー前

しかし、この効率の良い勉強法を知ってからは、努力が成績につながり始め、模試では次々にA判定や、B判定が出るようになりました。 偏差値も70前後を取れるようになりました。

模試成績表ー後

第3回河合塾全統記述模試の成績です。新潟大学医学部医学科の判定はA判定でした。

そして、

夢にまで見た医学部に合格し、
本を執筆するまでになりました。

著書

また、医学部在学中は数多くの試験をクリアし、留年することなく医学部を卒業しました。そして、医師国家試験にも合格することができました。

成績表の詳細はこのサイトの下のほうにあります。現役生の頃「こういう本にはもともと優秀な人が載っているんだよなぁ」と思っていた私が、実際にこの本に載っているのは少し不思議な感じです。

そんな私、医学部入試や医師国家試験に合格しましたが、先ほど話したように、高校生の頃は模試の判定はEやDばかりのいわゆる落ちこぼれでした。

医学部を志望していながら、成績は合格からは程遠いものでした。 では、そんな私がどうやってこの勉強法にたどり着き、その後成績を上げ合格できたのか、そのきっかけは私の高校時代にさかのぼります。

間違った方法で努力していた高校時代

私のいた高校(新潟県立長岡高校)はいわゆる進学校です。 田舎の中学校にいた頃は少し勉強しただけですぐに上位の成績を取れました。

さらに、真面目な性格のため内申書と言われるものはいつも良く、そのおかげで高校は推薦で入ることができました。

逆に、学力の点で言えばまだまだ不十分でした。 高校では中学校のように簡単に上位を取ることはできませんでした。

各中学の優秀な人たちが集まっていたため、今までと同じように勉強してもトップどころか上位50名に入ることもできませんでした。

さらに、2年生になると部活動が忙しくなり、模試では理科も入ってきて成績は一気に急降下。私は劣等生の仲間入りとなってしまいました。

勉強も部活も何一つ取り柄がなくなってしまい、何もできない自分を責め続けました。 「親はなぜ自分の頭をもっとよくしてくれなかったのか」と、高校時代は親をずっと恨んでいました。

勉強や部活の成績が悪いことは自分にとって劣等感となり、そのストレスで今より10キロ以上太っていた時期がありました。

1日14時間以上勉強しても、成績は伸びませんでした

そして、部活が終わり、3年生の7月・8月あたりから本格的に受験勉強を開始しました。私は個人塾に入り猛勉強を開始しました。 もともと真面目な性格で、部活で鍛えた根性もあったので毎日夜の2,3時まで、コーヒーを飲みながら眠いのを必死に我慢して勉強を続けました。

電車の中や歩くときも、ちょっとした時間でも無駄にせず勉強していました。 しかし、これだけ勉強しても、成績は思うように伸びませんでした。

当時、塾の先生に言われたことは、「なんでこれくらいの点数しか取れないの?」と。 自分でもなぜかわからなかったし、自分自身が一番聞きたかったことでした。

その頃は、悔しかったですが、 「すみません」としか言えませんでした。 自分の中で、今やっている勉強で、 本当に成績が伸びるのかいつも不安でした。

また、このような時もありました。
現役時代、通っていた塾の授業中に、足元に置いてあった飲みかけのコーヒーをこぼしてしまったときがありました。 ちょうど床にはカーペットが敷いてあったので、私は急いでふき取りました。

コーヒーのシミが残ってはいけないと思い、こぼす前と変わらないくらいに奇麗にしました。 その様子を見て、当時、現役で東大に合格した友達が一言、 「シミがほとんど残ってないね。そういう仕事したらどう?」と。

悪気はなかったかもしれませんが、当時、どんなに頑張っても成績が伸びず、それでも医学部に行きたかった私にとってはその言葉は屈辱的でした。

「自分は医学部に合格して医者になりたいんだ!」と言いたかった。しかし、合格できるほどの成績ではなかった私は、言い返すことはできませんでした。 その場では涙をこらえ、また授業に戻りました。

無駄な勉強を繰り返す毎日でした

今思うと、その当時の勉強はただの無駄な作業になっていて、成績にはほとんど役に立ってはいませんでした。 また、百冊以上は参考書、問題集を買いましたが、使い方を間違っていたので効果はほとんどありませんでした。

それでもどんどん参考書を買っていき、私の部屋はいつの間にか受験参考書でいっぱいになっていました。

センター試験関係の本も何十冊も買いました。裏技系から王道系まで様々なものを買いましたが、受験で重要な勉強法や使い方がまったくわかっていませんでした。

勉強しないと罪悪感みたいなものがあるので、 今日は何時間勉強したという自己満足のためだけに、夜遅くまでただの作業をしていた感じでした。

大学受験勉強の秘訣を知りました

そして、模試で結果の出ないままいつの間にか本番を迎えました。 本番では、ほとんど何もわからず、センター試験は大失敗し、予想通り現役時の受験は不合格となりました。

しかし、それでも医学部をあきらめ切れなかった私は、浪人して合格を目指すことを決意しました。

その際には、現役時の失敗から、「他の人と同じやり方を続けていては、絶対に合格できない」と思い、勉強法や記憶術の本を読みあさり、効率的な勉強法とは何かを考え、その内容を普段の勉強の中で活用していきました。

そして、ある時、大学受験合格のある秘訣に気がついたのです。 それからは、その秘訣に従って勉強していきました。

すると・・・・

念願の医学部に 合格してしまいました

成績の伸び方は、私自身が驚くほど急激なものでした。やや成績が停滞する時期もありましたが、 合格までほとんど右肩上がりで上昇していきました。

この勉強法を実践した結果を少しだけ紹介すると・・・

苦手だった記述模試では、楽々偏差値70前後を取れるようになりました。

下の写真は第3回目の河合塾の記述模試の結果です。河合塾の模試は、今の入試の傾向に合った標準的な良問を出してきます。 なお、上段が点数で、下段が偏差値です。

大学受験勉強法の河合塾模試

特に数学では偏差値50程度だった私が、問題を見た瞬間に、どうやって解けばいいかが頭に浮かび、すぐに解答が書けるようになりました。

センター模試の数学では、時間に余裕を持って全問解答できるようになりました。

また、センター模試ではいつも高得点が取れるようになりました。

大学受験勉強法の駿台模試

上の画像は駿台予備校のセンター試験プレテストの結果です。大手三大予備校の中でも、駿台予備校の模試はやや難しくできています。

センター受験当日は、いつも不安で緊張していた私が、自信を持って本番に臨めるようになりました。

センター本番では、数学Ⅰ・Aが92点、数学Ⅱ・Bが100点を取ることができました。

大学受験勉強法のセンター数学

センター国語の評論が、驚くほど理解できるようになり、高得点を取れるようになりました。

センター古文も、文章の内容がつかめるようになり、問題の正解率が大きく上がりました。

センター国語の点数は、現役時、200点中95点だったのが、168点まで上がりました。

大学受験勉強法の駿台模試

以上の結果はほんの一部です。

大学受験は驚くほど単純でした

この勉強法を始めて、以上のような結果を出すことができ、念願の医学部に合格した私ですが、その経験から思ったことは、「大学受験はこの秘訣を知っているか知らないかの違いだったのか」ということです。

以前まで、合格は難しいと思っていた医学部でも、大学受験の秘訣を知り、それに従って勉強すると、いつの間にか合格していたのです。

こうして、私は無事合格できましたが、周りの友人や、通っていた予備校の受験生の中には、一年間以上勉強したにも関わらず、志望校に合格できず、滑り止めの大学に進学するか、もう一年浪人するしかない人達が大勢いました。

その経験から、「私と同じように悩んでいる大学受験生にも、この勉強法を伝えたい」 という思いが湧いていきました。

そんなきっかけから、受験生を指導することになった私でしたが、メールや電話でサポートする中で、ある時、彼らが勉強しても成績が伸びない理由には、共通の原因があることに気がついたのです。

そして、その共通の原因とは、なんと、私が浪人をきっかけに気がついた大学受験のある秘訣を知らないことにあったのです。

そこで、彼らに、大学受験のある秘訣と共に、私の勉強法を教えることにしたのです。
すると、数ヵ月後・・・

全国から私のもとへ受験生や 保護者の方から
「成績が一気に上がった」
「志望校に合格した」
などのたくさんのメールや手紙が届くようになったのです。

念願の国立医学部医学科に合格

■受験生のお父様より感想のメールをいただきました。

「ご無沙汰しておりました。
昨年早々にマニュアルを購入させて頂いた者です。 面接の失敗で涙を飲んだことで、相談に乗って頂きありがとうございました。

大平さんのお奨め参考書、問題集を4月に買い込んで、マニュアルに掲載さ れていた大平さんのたどったタイムスケジュールを参考に(そのままです が)頑張らせたせいか、2次試験もどうにか突破して、

山形大学医学部医学科に合格できました。

センターでは、理系科目が昨年よりも落ち込み、9割を切ってしまう、という大失態を演じてしまいましたが、何と英語で98%(196点、)リスニング48点という今までにない得点をたたき出し、福島県立医大A判定、山形大B判定というセンター結果に踏みとどまることができました。

理系教科に偏りがちだった息子が文系科目でも力を発揮できたのは、大平さんのマニュアルとアドバイスのたまものだと感謝しています。

昨年の「合格最低ラインの得点を20点オーバー」したにもかかわらず不合格、という結果のために、今年は思い切って山形大学の方を受験してみましたところ、

2次試験もクリア、面接も無事クリア!ということで、合格できました。音声マニュアルを予備校の往復に聴いてモチベーションを高めたこと、そして、大平さん推薦問題集を信じひたすら勉強に専念したことが勝因だと思います。

今になって1年間の模擬テストを見てみると、確かに現役・1浪中にはあり得なかった、
第一志望、第二志望のセンター模試判定がほぼAと安定し、

センター模試でも9割突破を経験し、記述模試でも偏差値70以上と安定した成績を1年間維持することができ、自信を持って本番に臨めたことも大きな要因となっていると思います。

家族に医師、医療関係の人間がいない我が家にとって、大平さんのマニュアル、音声、激励メール、試験直前のメールなどは本当に心強い支えとなりました。

心から感謝致します。
どうもありがとうございました!!

今年のセンター試験は、目標の9割越えができず、3浪はできないという経 済的な状況もあって、一度は医学部受験を断念し、歯学部へ学部変更も考え ました。

しかし、理系志望者の平均点が大幅にダウンしたせいもあり、何とか思いとどまって、医学部挑戦して良かったと親の私もほっとしております。いろいろとご指導、ありがとうございました。

大平さんのようにすばらしい医大生、そして医師に息子もなってくれるよう、
祈るばかりです。

本当にお世話になりました。

福島県  受験生の父より 感謝を込めて。」

良い結果が得られるマニュアル

小川恵史さん

受験生 小川恵史さん

大学受験勉強法感想口コミ

大学受験勉強法感想口コミ

数学に関して六分の公式や十二分の公式、またその他のいわゆる裏ワザ的なものをしっていなければ六十分という短い時間の中で高得点は決して取れないということなど、

私自身も強くそのように思いますので、とてもためになることが書いてあるな。というのが第一印象でした。

国語に関しても同じことが言えますし、何といっても大平さんは経験が豊かな方なので、説得力があります。英語はいわゆるテクニック面もも書いてありますし、どうしたら点数がれるようになるのだろう、 と悩んでいる受験生にしてみればとても良いですね。

理科、社会についても音声もついていますし、 ボリューム的には素晴らしいです。
センターを前にして不安でいっぱいな人や 何をしたらいいのかと思っている受験生は0 から始めていいところまで行くものと思います。

特に理科の計算とかでアバウトな数字で計算 して答えを出すなんて、センター試験したての人なんて気付かないですしね。

センター試験は答えが載ってあるということをよく知らなければ こんな方法はまず思いつかずにただただ時間との恐怖におびえながら問題を解くことになります。 これらの点を総合的に見ただけでも良い結果が 得られるマニュアルだと思います。

P.S.私も自分の経験からですが宅浪で充分 戦えると思っています。参考書、問題集が あればあとは自分の努力ですよね。 私は高校を卒業するまで部活と遊びで 過ごし、今はかなり痛い生活をしていますが 来年こそは、はっちゃけてやります。

センター9割突破も夢ではない

遠山昇さん

プロ家庭教師 遠山昇さん

大学受験勉強法感想口コミ

大学受験勉強法感想口コミ

大学受験勉強法感想口コミ

塾や予備校に入れば合格できると勘違いしていませんか?

そうならないためにも、まず、最初にあなたにお聞きしたいことは、有名な塾や予備校に入れば、成績が伸びて合格できると勘違いしていないかということです。

もし、そう思っていたのであれば、要注意です。
確かに、多くの受験生は、大学受験で合格しようとすると、まずは塾や予備校に入らなくてはならないと思っている人が多いようです。

また、受験生の親御さんも、有名な塾や予備校に入れば安心だと思い、年間数十万円、場合によっては100万円以上も塾や予備校に払っています。

しかし、塾や予備校に入って、難易度の高い大学、学部に入る受験生の多くは、もともと優秀な人たちが多いのです。

なぜなら、大手の塾や予備校では、去年の模試の成績が優秀な人たちや県内トップ校の卒業生の授業料を、5割~8割近く大幅に減額したり、完全に免除することで、優秀な生徒を集めているところがあるからです。

そんなもともと優秀な人達と一緒に、同じ講義を受けていては、一般的な能力の受験生の場合、差は縮まらないか、どんどん広がっていく一方です。

さらに、塾や予備校の一番危険な点は、あたかも勉強した気になってしまうことです。

予備校の講師は、授業をとても楽しく、その場ではわかりやすく教えてくれます。そのため、講義を聴いた受験生達は、すっかり勉強した気になってしまい、満足してしまいます。でも、その講義で問題を解いたのは、あくまで予備校の講師であり、受験生本人ではないのです。

そのままの状態では、受験生は何もできないのです。 わかった気、勉強した気になったまま、受験勉強を一年間続けても、あなた自身の成績や実力は ほとんど上がっていないのです。そして、受験本番で何も解けないことに気づき、不合格の通知を受け取ることになるのです。

このような受験生は、実は、驚くほどたくさんいます。 1年以上の時間と、80万円~150万円以上の授業料を費やしても、去年の成績と ほとんど変わらない受験生もたくさんいるのです。

その大きな原因の一つは、効率の良い正しい勉強法を知らないからです。 塾や予備校では、具体的な問題は教えてくれますが、根本的な勉強法については まったくといってよいほど教えてくれません。

本当に大学受験で知らなくてはいけないことは、効率の良い勉強法なのです。 だからこそ、塾や予備校に行くより先に、私の勉強法を知っておく必要があるのです。

「勉強すれば成績が伸びる」「努力すれば合格できる」というのは大きな間違い

次にあなたに知っておいてもらいたい事実は、「勉強すれば成績が伸びる」「努力すれば合格できる」というのは大きな間違いだということです。

この言葉に驚かれたかもしれませんが、そんなことを言っている私も、現役生の頃は、「勉強をすればするほど成績が伸びて、必ず志望校に合格できる」と信じ、ただひたすら、毎日14時間以上、コーヒーを何杯も飲みながら夜の3時まで勉強していた時期がありました。

その頃は、受験勉強はとても辛く、毎日寝不足で、いつも死にたいと思っていました。 そこまで自分自身を追い込んで勉強しても、結局、成績は一年前とほとんど変わらず、本番では何も書けずに不合格となりました。

そんな経験から言えることは、「勉強すれば成績が伸びる」のではなく、「正しい勉強法、効率の良い勉強法で勉強すれば成績が伸びるのです。」

例えていうなら、間違った勉強法で何百時間勉強しても、あなたは間違った方向に進んでいるだけで、どれだけ努力しても大学受験においては、合格というゴールにはたどり着けないのです。

いつまで「もともと頭のいい人の勉強法」をまねするのか?

そして、もう一つ、あなたに言いたいことがあります。
それは、いつまで「もともと頭のいい人の勉強法」をまねするのかということです。

世間には、たくさんの勉強法についての本が出ていますが、その著者の多くは、もともと優秀な人が多いように思います。

そもそも、頭のいい受験生は、集中力や記憶力が一般の受験生よりも異常なほど高いため、彼らが実行している勉強法は、平均的な能力の受験生にはまったく合わないことが多いのです。

それにも関わらず、もともと頭のいい人のアドバイスを受け入れてしまうと、その効果はないばかりか、かえって、あなたの成績を下げてしまう恐れがあるのです。

また、もともと頭の良い人が使う言葉に、「勘、センス、フィーリング」というものがありますが、それは、彼らが、もともと優秀なため、なぜ成績が伸びているのか、なぜ問題が解けるのか、ということを彼ら自身では意識できていないため、それらの言葉を使っているのです。

そんな「勘やセンス、フィーリング」などと言った言葉に惑わされてしまうと、一般的な受験生の場合、成績は問題の相性によって大きく左右されてしまい、安定しなくなります。そんな状態では、試験本番でも、その年の問題によって成績が左右されてしまうため確実に合格を狙うことは難しくなります。

そうならないためにも、あなたに必要なものは、

平均的な能力の受験生でも成績の上がる
実践的な勉強法なのです。

そして、それこそが、私が教えている勉強法です。

この勉強法は、塾や予備校のように、「わかった気」になるためではなく、「試験本番であなた自身で答案を書ける」ための方法を徹底的に教えています。

その内容は、詳しすぎるとといわれるほど細かい部分まで書いています。

そこまで書く理由は、大学受験において、「実際に」センター9割や偏差値70を取るためには、試験時間の使い方から、マークの塗り方、答案用紙の使い方など細かいテクニックも必要だからです。

私の勉強法では、それらのテクニックまで教えることで、「わかった」状態ではなく、実際に「答案を書ける」「できる」という状態にします。

そして、その「答案や答えを自分自身で書ける」という状態こそが、本当にあなたの努力が成績に結びついた瞬間なのです。「わかった」状態のままで終わってしまっている受験生がほとんどの中で、あなたは、この勉強法を知り、「自分自身でできる」という状態になるように、効率よく勉強を進めてください。

さらに、私は、私自身がかつて偏差値40台だったからこそ、平均的な能力の受験生の立場に立って、センスや勘、フィーリングなどといわれるものには頼らない勉強法を教えることができます。

それらに頼らない方法で、成績を上げていくからこそ、試験本番でも、その年の問題の相性などには左右されず、どんな分野のどんな問題が出ても、自信を持って解けるようになります。

その状態の学力を身につけることが、合格をより確実にするための方法なのです。
あなたには、ぜひ、

この勉強法を知って、
今すぐにでも成績を上げ、
合格を確かなものにしてください。

「でも、私には実行できないかも」
「なんだか難しそうだなぁ」

と不安になっているようでしたら、ご安心ください。
この方法は、すでに多くの受験生が実行され、結果を出してきたものです。

難しそうに思われるかもしれませんが、実は、あなたは、
以下のような簡単なステップを踏むだけで良いのです。

【ステップ1】
まずは、大学受験の秘訣を知り、効率の良い勉強法を身につけます。
【ステップ2】
効率の良い市販の参考書と問題集を用意します。高校や予備校で使っているテキストがあれば、それでも構いません。
【ステップ3】
大学受験の秘訣を忘れずに、普段の3倍以上の効率で問題を解いていきます。
【ステップ4】
他の受験生よりも短期間で成績が上がるようになります。

「では、具体的にはどうすれば良いのですか?」

はい、その一番の方法は、私が直接あなたに指導することです。
しかし、私はすでに医師として働いており、 直接指導している時間がありません。
(※このHPや大平の教材・原稿の管理は運営会社が行っています。)

そこで、私が直接指導しなくても、あなたが効率の良い勉強法を身につけ、実践できるように、私の勉強法のすべてを公開したマニュアルと音声を作り上げました。

ここで、そのマニュアルの内容の一部を紹介すると・・・

大学受験勉強法マニュアル基本編

大学受験のある秘訣とは?

この秘訣を知っているか知らないかで、成績は大きく違ってきます。

ほとんどの受験生がこの秘訣を知らないからこそ、あなたは、短期間で成績アップすることができます。

本マニュアルの根幹ともいうべきものなので、必ず読んでください。 これを知るだけでも、どんどん成績が上がります。

ある秘訣を実践するための方法

前の章で大学受験の秘訣を知った後は、それに従って勉強を進めていくことになります。 その際には、一体どうやって勉強すれば秘訣通りになるのかを知る必要があります。

ここでは、問題の解き方や参考書の使い方について、具体的に説明することで、ある秘訣を普段の学習に活かすことができます。

学校のテストは取れるが、模試になると取れない人の原因とは

私自身がそうだったのですが、もし、学校の定期テストはまずまずの点数が取れても、

模試になるとほとんど点が取れない状態なのであれば、それは学校のテストと模試の違いをわかっていないからです。

その違いを知れば、模試でも、そして本番でも点数が取れるようになり、成績アップ、最後には合格へとつながります。

他多数

大学受験勉強法マニュアル数学編

問題を見るとすぐに答えが浮かぶ方法

この方法を実践してくと、たいていの数学の問題は、見た瞬間に答えの糸口がわかり、答えを書き始めることができるようになります。

逆に、このような状態になっていないと、二次試験でも時間切れになってしまいます。

実例を使っての数学の勉強法

ここでは、具体的な問題を使って、どのようにして数学を勉強していくのか教えています。実例を使うために、わかりやすい解説になっています。

数学の参考書、問題集を終わらせるスピードとは!?

あなたは1冊の問題集をどれくらいのペースで終わらせているでしょうか?

難関大学に合格する人たちのペースと、不合格になる人たちのペースは、 いろいろな点で違っています。その違いを知り、正しいペースで 問題集や参考書を解くようにしてください。

他多数

大学受験勉強法マニュアル英語編

合格につながる英語の4つの分野とは

受験英語において、あなたが学ぶべき分野は、主に4つあります。

このどれかが抜ると、成績アップしにくかったり、合格の可能性が下がってしまいます。4つの分野を、しかも正しい順番で勉強していくことが、英語を得意科目にして、成績を伸ばす方法です。

ここでその正しい順番を知ってください。

英単語の効率的な覚え方

英語では、難解な英文ほど、英単語の知識が助けになります。和訳問題や、英作文でも単語の知識が役立ちます。

英語の受験勉強というと、まずは英単語の勉強を始める受験生も多いですが、 その方法があまりに非効率すぎるために、初めから時間を浪費してしまっています。

英単語の暗記は数が多く、単調になりがちだからこそ、効率良く、できるだけ負担が少ない形で勉強していく必要があります。

英熟語の非効率な覚え方とは?

英熟語を英単語と同じように覚えようとしている人がいますが、 あまりおススメできません。

私も、以前は同じような方法で覚えようとしていましたが、なかなか覚えられませんでした。ここで、英単語とは違う、英熟語の覚え方を教えています。

英熟語も効率よく覚えていくことで、余った時間や労力を他の分野や科目の勉強に使うことができます。

他多数

大学受験勉強法マニュアル理科編

問題を見るとすぐに答えが浮かぶ方法

学の勉強法も、実は他の科目とそれほど変わりません。化学の成績が伸びない、わからない、という受験生ほど 根本的な勉強方法が間違っています。

ここで、なぜ化学の成績が伸びるのかということを知ってください。

理論分野の勉強法と注意点

ここでは、かなり具体的な方法を教えています。 それらを使えば、理論分野での細かな失点を減らすことができます。

苦手としている人が多い分野ですが、ここでも正しい方法を実践すれば、成績は伸びていきます。

無機化学の勉強法

この分野は、ある方法を使うと、かなりの短期間で成績を伸ばすことができます。私自身も、この方法を使って短期間で無機分野を得意科目にしました。

逆にこの方法を知らずに勉強していたら、膨大な時間がかかり、しかも成績はあまり伸びなかったはずです。

ぜひともこの方法を知って、無機分野は常に満点近く取れるようにしてください。

物理や生物のアドバイスも他多数あり

以上が大学受験マニュアルの一部です。

さらに、今回は、大学受験マニュアルと合わせて、国公立大学を目指す人のために、最初の難関であり、最難関ともいえる大学入試センター試験の高得点マニュアルも執筆しました。

このマニュアルには、私がセンター本番で5教科8科目で9割以上を取った方法を、余すところなく公開しています。

そんなセンター試験高得点マニュアルの一部も紹介すると・・・

センター試験高得点マニュアル基本編

センター試験の実力を上げる勉強法とは

センター試験の本当の実力を上げるための方法を紹介しています。

これができていないと、ちょっと難しい問題が出ててくると、とたんに解けなくなってしまいます。センターで難しい問題が来ても対応できるためにも、
実力を上げる勉強をしてください。

短期間でセンターの点数を伸ばす方法とは

具体的に短期間でセンターの点数を伸ばすにはどうすればよいか、その方法を教えています。

この点を意識するかしないかでは、勉強の効率が大きく違ってきます。 この方法を知って、短期間で成績を伸ばしてください。

センター対策と二次試験対策との効果的なバランス

国公立大学を目指す場合、センター試験対策だけでなく、 二次試験の対策もしなければなりません。

しかし、時間は限られているので、日々の中でどのような割合でセンター対策をすればよいか迷うと思います。ここでは、そのバランスの取り方を学んでください。

他多数

センター試験高得点マニュアル英語編

センター英語9割突破のための重要なポイント

この点を意識ししているだけでも、ミスが減り、長文での得点率も上がってきます。 9割突破のためには必須のポイントです。

センター英語の王道的勉強法

センター英語においても実力を伸ばすための方法があります。この方法で勉強を続ければ、 試験本番でも実力を発揮できます。

当たり前かもしれませんが、難関大学受験者には 必須の方法です。

読解速度を大幅にアップする方法

センター英語の長文では、大量の英文を読む必要が出てきます。

その際に、戻り読みをしていては、時間切れになってしまいます。ここでは戻り読みをなくし、読むスピードをアップする方法を紹介しています。

他多数

センター試験高得点マニュアル国語編

得点アップするためのセンター国語の重要ポイント

センター国語は、一部を除いて、国公立大に合格するために、避けては通れない関門です。

国語以外はほぼ9割以上でも、国語だけは6割以下という受験生が数多くいます。 難関国公立大における最大の難関は、実はセンター国語なのです。

ここで最低でも8割取れないと、全体の得点率ががくっと下がってしまいます。

普段センター国語を勉強していない人の勉強方法

理系の受験生の中には、センター国語をおろそかにしてしまう傾向があります。

本来は、それではいけないのですが、もうセンターまでわずかな状況で、センター国語を最大限に上げるにはどうすればよいか教えています。

センター国語の演習の落とし穴

センター直前になると、センター国語も演習をはじめると思います。

その際に、あることを意識して取り組まないと、本番で失敗する可能性が高くなります。 ここで正しい演習方法を学んでください。

センター小説や古文、漢文のアドバイスや解き方も多数掲載

センター試験高得点マニュアル数学編

センター数学で満点を取る方法

センター9割のためには、センター数学は、両方とも 9割5分以上、できれば両方満点を取りたいです。

そのためには、本当の実力をつけていく必要があります。 ここではその方法を教えています。

センター数学の正しい演習方法

センター直前には、センター形式の問題を解く必要があります。ここで演習の方法がわからないとただただ時間を無駄にしてしまいます。

正しい演習の方法を知って、効率よく勉強してください。

苦手分野の対策方法

センター数学は、主に4つの大問から構成されています。そのどれもが得意でないと、満点を取ることができません。

苦手な分野があるのであれば、ここで教える方法を使って演習をしてください。

他多数

以上が、センター試験高得点マニュアルの一部です。

ここで、この勉強法の特徴をまとめると、

私の勉強法なら、

  • 平均的な能力の受験生に合わせて書かれているので、センスや勘に頼らずに偏差値が上がる。
  • マニュアルを使って合格した医学部生や東大卒業生がサポートしているので、今の大学入試に合っていて、かつハイレベルな指導ができる。
  • 正しい勉強法を知ることで、高校や塾、予備校、自主学習での効率が上がり、短期間で成績がアップする。
  • 漠然とした方法ではなく、受験生の目線からの実践的な勉強法を教えているので、試験本番で点が取れ、実際に合格につながる。

このような特徴を持った勉強法です。

今まで書いてきたように、大学受験で成績が上がり、合格できるかどうかは、効率の良い正しい勉強法を知っているか知らないかの違いが大きいのです。だからこそ、あなたには、頭が悪いなどの理由で、志望校をあきらめてほしくはありません。

ぜひ、この方法で、合格してください。

合格までの200万円以上のお金

では、このような特徴を持ったマニュアルは、どれくらいの価値があると思いますか?
正直、私は、3万円の価値はあると思っています。

なぜなら、私は、医学部に合格するまでに、塾や大手予備校、通信添削、受験参考書などに、少なくとも200万円以上は両親に支払ってもらいました。それらの経験から得られた秘訣やテクニックをこのマニュアルには書いているからです。

ここで、もしかしたら、200万円なんて大げさだと思われているかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか?良く考えてみると、あなたにも当てはまることがあるかもしれません。

例えば、

■大学受験の通信添削では、毎月数千円から1万円程度、年間で5万円から15万円ほど必要です。
※ただし、根本的な勉強法がわかっていなければ、あまり効果はありません。

■個人塾では、値段の幅はありますが、月々の月謝代で3万円から10万円かかります。年間だと36万円から多いと120万円近く必要になります。医学部専用の塾では、年間300万円から高額になると500万円ほどかかるところもあります。

最近では、大手予備校が、私立の医学部受験者向けに1カ月500万円の勉強合宿を企画し、一時期ニュースでも話題になりました。

※私もそうでしたが、塾にお金と時間を使っても、勉強のやり方がわからないと効果は低いままです。

■大手予備校の場合、1講座1万5000円、高いところで7万円ほどになります。1講座といっても、英文法1や英作文ベーシック、数学Ⅰ・A基礎編などなど、細かく分野が分かれているので、1科目を学ぶためにも、3つや4つ講座を取る必要があります。

私も1年生の頃に3つほど取りましたが、7万円×3講座で21万円かかりました。
友人は1年間で20講座(年間140万円)も取っていました。

受けてみた感想として、良かったものもありましたが、中には、講師がもともと頭の良いタイプだったため、教え方がわかりにくい、なんとなくで教えている場合があり、あまり役に立たなかったこともあります。

それでもすでに支払った7万円は返ってきません。

■どんな参考書を使ったらよいかわからず、人気のあるものや噂になっている本を手当たり次第に買っていると、1冊1500円程度でも、50冊近く買うと7万5千円ほどかかります。そんなにたくさん買わないと思っているかもしれませんが、毎週少しずつ買っているといつの間にか、大量に買ってしまっています。

私は余裕で100冊は参考書を購入しましたが、そもそも使い方や勉強方法を知らなかったので、役には立ちませんでした。

以上のようなことを考えると、これからの無駄な出費を減らし、成績の伸びる根本的な勉強法を教えるこのマニュアルには、十分な価値があるので塾や予備校と同じくらいの価格で提供しても良いと思っています。

しかし、私には一人でも多くの受験生にこの勉強法を知ってもらい、憧れの志望校に合格してほしいという気持ちがあります。

そこで、本気で成績を上げ合格したいと思っている人にだけ、
29,800円でお譲りすることにしました。

ただし、お申し込みされる方が多くなり、サポートが限界に近づいた場合、販売を中止させていただきます。

受験シーズンはもちろんのこと、受験を意識する春先から夏にかけても例年だとお申し込みされる方が増えてきます。購入される方はお早めにお願いします。

大学受験勉強法マニュアル+センター試験高得点マニュアルセット画像

【大学受験勉強法マニュアル + センター試験高得点マニュアルセット】

【教材内容】

大学受験勉強法マニュアル
基本編・英語編・数学編・理科(化学、物理、生物)編
センター試験高得点マニュアルセット
センター基本編・英語編・数学編
国語(評論・小説・古文・漢文)編
特典として理科(化学、物理、生物)編・地歴公民(全体のポイント)編
メールサポート
  • A4冊子:247ページ
  • マニュアル音声CD12枚 合計約6時間
  • 90日間のメールサポート、3時間以上の東大卒業生の音声解説を含め、すべての特典

※特典はご入金確認後、ご登録いただいたメールアドレスに送信致します。また、特典はパソコンからダウンロードする形となります。一般的なパソコンであれば、見たり聞いたりできます。

価格29,800円

分割払い(クレジットカード)
初回
3,807円次回以降3,807円(8回払いの場合)

※クレジットカードによる分割払いの場合、初回のお支払いには製作費・送料等 3,000円 が追加されます。また、手数料として1回毎に69円が追加されます。ご了承ください。

今後、サポート人数軽減のため、突然値上げしたり、販売を中止する場合があります。

教材の冊子はモノクロ印刷でお送りします。
マニュアル代金の他に、製本やCD12枚の製作費、送料、事務手数料等の合計3000円
代引きの場合+350円必要です。

決済は(株)インフォトップに委託しております。
SSLで保護された安全なページでお申し込みができます。

情報は暗号化され送信されます。

お申し込みはこちら

お電話・FAXでのご注文はこちら

購入方法がわからない方は、電話またはFAXによるご注文も可能です。
(電話による受付は平日9:00~21:00、土日祝9:00~19:00になります。)

メールによるお問い合わせはこちら

お支払い方法


※振り込み手数料はご負担ください。

※実際に印刷された冊子とCD12枚がご自宅に届きます。 通常、3営業日以内(土日祝日は除く)には届きます。 3営業日が過ぎても届かない場合にはご連絡ください。


大型連休中の配送について
配送GW

セットでの購入がお得ですが、ご要望が多いため、大学受験マニュアルとセンター試験高得点マニュアルの単独の販売も開始しました。単独での購入の場合、 お付けする特典が違いますので、ご確認の上、お申込みください。

大学受験勉強法マニュアル画像

【大学受験勉強法マニュアル】

【教材内容】

基本編・英語編・数学編・理科(化学、物理、生物)編

  • A4冊子:126ページ
  • マニュアル音声CD6枚セット 合計約3時間
  • 90日間のメールサポートを含め、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典の9個

※ 特典はご入金確認後、ご登録いただいたメールアドレスに送信致します。また、パソコンからダウンロードする形となります。一般的なパソコンであれば、見たり聞いたりできます。

価格15,800円

今後、サポート人数軽減のため突然値上げしたり、販売を中止する場合があります。ご了承ください。

教材の冊子はモノクロ印刷でお送りします。
マニュアル代金の他に、製本やCD6枚の製作費、送料、事務手数料等の合計2500円
代引きの場合+350円必要です。

決済は(株)インフォトップに委託しております。
SSLで保護された安全なページでお申し込みができます。

情報は暗号化され送信されます。

お申し込みはこちら

お電話・FAXでのご注文はこちら

購入方法がわからない方は、電話またはFAXによるご注文も可能です。
(電話による受付は平日9:00~21:00、土日祝9:00~19:00になります。)

メールによるお問い合わせはこちら

お支払い方法


※振り込み手数料はご負担ください。

※実際に印刷されたものがご自宅に届きます。 通常、3営業日以内(土日祝日は除く)には届きます。 3営業日が過ぎても届かない場合にはご連絡ください。


大型連休中の配送について
配送GW

センター試験高得点マニュアル画像

【センター試験高得点マニュアル】

【教材内容】

センター基本編・英語編・数学編・国語(評論・小説・古文・漢文)編
特典として理科(化学、物理、生物)編・社会(全体のポイント)編

  • A4冊子:120ページ
  • マニュアル音声CD6枚セット 計約3時間以上
  • 90日間のメールサポート、3時間以上の東大卒業生の音声解説を含め、センター試験用の特典12個

※ 特典はご入金確認後、ご登録いただいたメールアドレスに送信致します。また、パソコンからダウンロードする形となります。一般的なパソコンであれば、見たり聞いたりできます。

価格15,800円

今後、サポート人数軽減のため、突然値上げしたり、販売を中止する場合があります。ご了承ください。

教材の冊子はモノクロ印刷でお送りします。
マニュアル代金の他に、製本やCD6枚の製作費、送料、事務手数料等の合計2500円
代引きの場合+350円必要です。

決済は(株)インフォトップに委託しております。
SSLで保護された安全なページでお申し込みができます。

情報は暗号化され送信されます。

お申し込みはこちら

お電話・FAXでのご注文はこちら

購入方法がわからない方は、電話またはFAXによるご注文も可能です。
(電話による受付は平日9:00~21:00、土日祝9:00~19:00になります。)

メールによるお問い合わせはこちら

お支払い方法


※振り込み手数料はご負担ください。


※実際に印刷されたものがご自宅に届きます。 通常、3営業日以内(土日祝日は除く)には届きます。 3営業日が過ぎても届かない場合は、ご連絡ください。


大型連休中の配送について
配送GW

マニュアル代金 全額返金保証

マニュアルに書かれていることを90日間真剣に実践し、 その結果何の効果もなかった場合、 マニュアル代金をご返金致します。

「返金希望」とメールするだけで構いません。返金の理由や証拠を求めることはありません。

塾や予備校、家庭教師、通信添削などでは、1年間続けて効果がなかったとしても、支払った数十万、数百万円は1円も返金されません。成績が伸びない受験生は意外に多いのです。

そんな中でここまでの保証をつける理由は、このマニュアルの内容やこれまでの実績に自信があるのと同時に、申し込まれる方は、本気で成績を上げ合格したいと考えている受験生やご両親だと信じているからです。

返金をご希望の方はメールにて事務局までご連絡ください。返金の連絡はお問い合わせフォームからお願いします。また、 返金の申請はお申し込みより180日以内にお願いします。

逆に言えば、180日間はリスクをできるだけ減らした条件でこの勉強法を試すことができます。

返金のお申し出から30日以内にCD製作費や送料等の実費を差し引いたマニュアル代金全額(センターマニュアルのみ、または大学受験マニュアルのみは15800円、セットの場合は19800円(通常価格の場合29800円)を指定の銀行口座にお支払い致します。

なお、返金の際には教材は返品していただきますが、その際の送料はご負担ください。

これでリスクを軽減してこの勉強法に取り組んでいただき、志望校に合格してほしいと思っています。

実は、あなたにはもっと成績を上げてもらい
合格してほしいと思っているので、
末まで以下の特典をお付け致します。

特典2

東大経済学部卒による2013年1月実施(2013年度)センター試験本試験の解説音声をプレゼント

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者用の特典)

2013年1月に行われたセンター試験本試験を題材に、傾向だけでなく学習方法についても、音声とテキスト(PDF)でお伝えします。解説者は、東京大学経済学部経済学科卒業で、難関の公認会計士試験にも合格した人物です。

日本最高峰の大学に合格したトップレベルの実力者です。


解説者の東大卒業証書と公認会計士試験合格証書
 ▲クリックすると拡大します。

▲ 解説者の加藤から自己紹介とメッセージ




特典内容 2013年1月実施分のセンター試験本試験の
解説音声とテキスト

■センター数学Ⅰ・A編(約56分間)

■センター数学Ⅱ・B編(約38分間)

■センター英語編(約75分間)

■センター国語 評論・小説・古文・漢文編(約79分間)

この特典音声は今後有料で販売することがあります。東大家庭教師の相場が3000円~7000円程度と考えると、この音声解説の価値がお分かりになるのではないでしょうか。

この価値がよくわからない場合には1講座1万5千円から3万円ほどする塾や予備校のセンター講習を、各科目でいくつも受講してみてください。 そうすればこの価値がよくわかります。※特典は、メンバー専用のページからダウンロードできます。携帯電話からの閲覧はできません。

特典1

マニュアルを使って合格した
医学部生や東大卒業生による
メールサポート90日間付き

  セットでも単独でもお付け致します。

今回、特別に90日間のメールサポートをお付け致します。 4日~5日に1回は大平がすでに書き上げたメールマガジンを送ります。原稿の管理や送信作業は すべて運営会社が行っているので、確実にお届けできます。

もちろん、あなたから質問をしていただいても構いません。これでやる気を維持しながらこの勉強法に取り組んでください。

メールの返信は、このマニュアルを使って実際に合格した大学生達(センター9割、記述模試偏差値70レベル)を含めたサポートメンバーが行います。

この時期はサポートが忙しくなるため、彼らに加えマニュアル実践者ではありませんが、東京大学教育学部卒業でセンター試験追試験で873点(900点満点)、TOEIC890点の大学院生の方にもご協力いただいています。

今なら医大生に加え、東大卒業生にも質問することができます。

勉強方法がわからなかったり、何をすれば良いか迷った時に、実際に合格した現役医大生や東大生に質問できる環境はとても貴重です。月2、3万円の塾や1時間2000円以上の家庭教師に、3ヶ月間質問することを考えたら、このメールサポートの価値がおわかりいただけるのではないでしょうか?

パソコンからだけではなく、携帯のメールからも質問できます。 購入者の中には、ご両親はパソコンから質問し、受験生本人は携帯から質問されている方もいます。

この特典を有効に使ってください。 ご本人だけでなく、ご両親からの質問や相談も受け付けております。

ただし、この特典に関しては、サポートメンバーが多忙になった場合には、急遽期間を短くした、停止したりします。すでにお申し込みいただいた方は、お約束した期間最後まで責任をもってサポートさせていただきます。

【注意】最近こちらからメールを送っても、受け取り側の迷惑フォルダに入ってしまい、私のメールに気付かず返信が届かない、という連絡を受けることがあります。

特にyahoo,Gmail,nifty,hotmailなどのフリーアドレスを利用されている方は、私からのメールが迷惑フォルダに入っていないか必ず確認してください。

携帯の場合には、パソコンからのメールが受信拒否になっていないかご確認ください。

例)yahooメールの場合
迷惑メールチェック

特典3

「私が実際に使用して効果のあった効率の良い参考書、問題集リスト」をプレゼント

(セット購入者、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典)

私は高校3年間と2年間の浪人中に、合わせて100冊以上の参考書、問題集を購入しました。 その中で成績アップに役立った効率の良い参考書、問題集を厳選して紹介しています。

もしやる気があるのなら、塾や予備校の講義を受け続けるより、効率の良い問題集を使って数多くの問題を解いたほうが短期間で成績は上がります。

このことは私の長年の受験経験から断言できることです。また、多くの受験生は予備校講師や学校の先生に薦められたというだけで、 効率の悪い参考書や問題集を使い続けていることがあります。

それでは短期間で成績は伸びません。受験参考書、問題集の中には短期間で効率よく成績をアップさせる良書は存在します。

このリストでは、私が数多く使用した中で特に効果のある本を紹介しています。 それらを参考にして、あなたに合った効率の良い参考書、問題集を使い、 短期間で他の受験生に差をつけてください。

※私が当時使っていた本が絶版になってる場合があります。そのため、最新の情報はメンバー専用ページにて紹介しています。

特典4

受験参考書・問題集のメンバー専用ページをご用意

(セット購入者、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典)

大学受験マニュアル単独、またはセットをお申し込みいただいた方には、メンバー専用の参考書や問題集の紹介サイトにご招待します。

お渡しする参考書・問題集リストでも、十分に役立つ本がわかりますが、受験参考書は、日々新しいものが出ています。

そのため、できるだけ最新の情報をお伝えするためにも、メンバー専用のページにてお勧めの受験参考書や問題集を紹介しています。

サポートメンバーは、定期的にツタヤや紀伊国屋、ジュンク堂などの書店で最新の受験参考書をチェックしています。その中で、実際に手に取ってわかりやすいものやお勧めの本があれば、随時メンバー専用ページで紹介しています。

あまり多すぎても混乱してしまうので、できるだけ厳選した本を紹介します。

効率の良い、わかりやすい参考書・問題集を味方につけることが、大学受験で成績を伸ばすための近道です。

特典5

センター試験高得点マニュアル用専用ページをご用意

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者用の特典)

要望が多かったためセンター試験用のメンバーページも作成しました。こちらでは、センター試験に関するアドバイスや 私が厳選したセンター試験対策に役立つ参考書や問題集を紹介しています。

どんなものを使ってセンター対策をすれば良いかわからない場合にはとても役に立ちます。今後、さらに記事を増やしていきます。

特典6

医学部合格者3人に聞いた大学受験に関する対談音声(約90分)をプレゼント

(セット購入者、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典)

2008年4月に入学した現役医大生3人に、私が受験に関する様々な質問をし、その対談の内容をまとめました。

3人とも地方の国公立医学部を合格できるレベルです。また、共に一浪しており受験経験は豊富です。

私のマニュアルと合わせることでより効果的です。

実際に合格した人の勉強法や受験に対する考え方を知ることで、あなた自身の勉強法や考え方を客観的に見ることができ、間違った方向の努力を修正することができます。

現役医師や医大生を家庭教師として雇うことを考えると、この音声の価値がおわかりいただけるでしょう。歩行中や電車の中など、暇な時間を見つけて何度も聞いてみてください。

なお、この音声はCDではなく、パソコンを使ってインターネットからダウンロードする形となります。

特典7

【ウェブビデオ】『成績の上がる生活習慣』(約20分)をプレゼント

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典)

大学受験は単純に勉強だけを行えば成績が伸びるというわけではありません。実は、勉強時間以外の生活の中にも成績を伸ばすための方法が隠れています。

ほとんどの受験生は、この点を見落としがちなのであまり学習の効率が上がらずに伸び悩んでいます。

私自身も現役生の頃は、単純に勉強時間だけを増やせばよいと思っていましたが、実際に合格してから思うと勉強以外の時間もとても重要だったことに気づきます。

あなたには、今の勉強をさらに効率よくするためにも、このウェブビデオを見ていただき合格する人の生活習慣を身につけてください。

高校や塾、予備校では、こういった生活習慣などの勉強時間以外のことを教えることはめったにありません。けれど短期間で成績を伸ばすためには、この受験の効率を上げる生活習慣は必ず知っておく必要があります。

特典8

センター理科の高得点マニュアルをプレゼント

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者用の特典)

今回の高得点マニュアルは、文系理系どちらにも共通する英語、国語、数学の3科目を中心にお伝えしています。

しかし、国公立を狙う場合、文系ならセンター理科は最低でも1科目、理系なら2科目、医学部の中には3科目必要な大学もあります。

私が医学部ということもあり、センター理科(化学、物理、生物)は3科目とも9割以上でした。 そのため、センター理科についても高得点を取るための方法を熟知しています。

英語、国語、数学のマニュアルを配布と同時にセンター理科マニュアルも配布します。

特典9

センター地歴公民の高得点マニュアルをプレゼント

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者用の特典)

受験生によって科目の違う地歴公民については、個別のマニュアルはありません。基本編の考え方を身につけてもらえれば、地歴公民でも高得点が取れます。

しかし、今回は特別にセンター地歴公民で高得点を取るための方法をまとめ、プレゼントします。各科目別のマニュアルではありませんが、共通した重要ポイントについて話します。

このマニュアルについては、本マニュアル配布と同時にお渡しします。

特典

「難関大、人気大学に簡単に合格する方法」をプレゼント

(セット購入者、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典)

国公立大に合格する方法は前期と後期だけではありません。また、早慶上智、明青立法中、関関同立を始めとした人気私立大学においても、一般入試以外にいくつかの方法が存在します。

この方法を使えば、一般入試よりも合格の可能性が高まるでしょう。また、難関国公立や医学部であっても、前期の難易度に比べると、はるかに簡単に合格できます。

特に、現在の受験について詳しくない親御さんに読んでもらいたい内容です。注意点としては、この方法は、できるだけ早い時期から実行すると効果があります。

もちろん浪人生でも実行可能な部分がありますが、現役生や、高校1、2年生、もっと望むなら中学生の時期に読んでもらえると効果がある内容になっています。

あまり大きな声では言えませんが、この方法とほぼ同じ内容と思われる情報を、数万円で売っている方がおられたので、私は特典の一つとして執筆することにしました。

確かに、この方法は、今の受験事情を知らないご両親にとっては目から鱗の方法であり、数万円の価値があるのかもしれません。また、まだ受験生ではない高校1,2年生にとっても貴重な情報となるでしょう。

価値があるかどうかはあなたの判断ですが、受験生にとってはほぼ常識的な内容なので、私は特典としてお付けすることにしました。

この方法がメインでないため、やや短めに製作されていますが、後はあなた自身で調べていただけると、さらに詳しい情報がわかり、合格の可能性が上がります。

特典

5000円プレゼントキャンペーン

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典)

この教材を利用して、効率的な勉強法を身につけ、効果を実感したり成績が上がった際に、お客様の声として、あなたの顔写真と感想を送っていただければ、サポート事務局から5000円をプレゼント致します。

なお、いただいた感想と顔写真は、当ホームページにて掲載させていただきます。※顔写真掲載に抵抗がある場合は、教材実践前と実践後の成績の変化がわかるもの(模試や定期試験の成績表)を送っていただいても構いません。

これで、実質5000円引きで教材を購入することができます。応募の際には、お申し込み後にお知らせするメンバー専用のアドレスにご連絡ください。

ただし、このキャンペーンは、 末までに購入された方に限らせていただきます。購入をお考えの方は早めに申し込んでください。(こちらのキャンペーンは返金保証との併用はできません。ご了承ください。)

今までの特典だけでもかなりの数ですが、私は、あなたの学習のお役に立てるように、でにご購入いただいた受験生の意見を取り入れ、新たな取組みや特典を追加してきました。

そんな中で、受験生から、私の教材の内容を復習したいが時間がかかりすぎる、との声をいただきました。 そこで今回、教材の内容を2倍速にした加速音声を作成し、プレゼント致します。

特典

教材の2倍速音声をプレゼント(ダウンロード形式)

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典)

CD教材の内容を2倍速にした音声ファイルをプレゼント致します。 単純に、半分の時間で私の教材の内容を聴くことができます。 いきなり2倍速は、早く感じるかもしれませんが、2回目の復習用としては最適です。

教材の内容を身につけて、自然に行動してもらうためにも、 何度も聞いて欲しいと考えています。

また、音声を2倍速や3倍速で早く聴くことは、頭の回転を早くしたり、脳を活性化するトレーニングとして、書店などで各種教材が販売されています。

この特典を利用して、時間の短縮だけではなく、早く思考したり、早く問題を解いたりするきっかけにしてください。

サンプルとして、当ページの冒頭にあった私からの【大学受験のメッセージ】動画の音声部分を2倍速にしたものをご紹介致します。

さらに、あなたにはセンター試験を成功させ、余裕を持って二次試験にのぞんでほしいので、セットまたはセンター高得点マニュアルを申し込んでいただいた方には、以下の特典もお付けいたします。

特典

センター試験を成功させるための直前の生活術マニュアルをプレゼント

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者用の特典)

受験生が見落としがちな点ですが、直前に大切になってくることは、勉強自体に加え、実は、勉強時間以外の生活がとても重要になってきます。

直前の生活を改善しないままだと、本番で集中できなくなってしまいます。この集中できない状態がもっともセンター試験において致命的になります。

なぜなら、平均の得点率を高めるためには、どの科目も高い集中状態で問題を解く必要があるからです。ここで集中力を高められないと、全体の点数が一気にダウンするので注意してください。

私が失敗してきた経験から書いたものです。センター直前に一番あなたに伝えたいことを書きました。ぜひ読んでください。これを知らないと、センター試験が終わった後に後悔します。

特典

「二次試験1ヶ月前の勉強法」をプレゼント

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者用の特典)

センター試験が終わってもまだ合格は決まっていません。その後に待ち構える二次試験を突破して初めて合格が決まります。

特に国公立を受験する人は、センター後、二次試験までの1ヶ月間が重要になってきます。センター試験の点数は良くても、この1ヶ月間の勉強を間違えると、合格できない可能性があります。

センター試験後に、「二次試験1ヶ月前の勉強法」を読むことで、合格をより近づけます。

最後に、このマニュアルに真剣に取り組み、憧れの志望校に合格したいと本気で考えているあなたへ、その気持ちを後押しさせていただくために、以下の特典もお付けします。

特典

合格祝い金5000円プレゼントキャンペーン

(セット購入者、センター高得点マニュアル単独購入者、大学受験勉強法マニュアル単独購入者用の特典)

このマニュアルを使って成績を上げ、見事にあなたの志望校に合格した場合、サポート事務局からから5000円の合格お祝金をプレゼントします。

その際には、合格がわかるものとあなたの顔写真、マニュアルを使った感想を送ってください。宛先は、購入完了後にお知らせするメンバー専用のアドレスに連絡してください。

確認でき次第あなたの銀行口座へ5000円を振り込ませていただきます。

なお、いただいた感想や顔写真などは、当ホームページにて、お客様の声として掲載させていただきます。

※顔写真掲載に抵抗がある場合は、教材実践前と実践後の成績の変化がわかるもの(模試や定期試験の成績表、合格通知書など)を送っていただいても構いません。

ただし、このキャンペーンへの参加権利は、 末までに購入された方に限らせていただきます。

これで、プレゼントキャンペーンの5000円と合わせて、実質1万円引きでマニュアルを購入することができます。合格と同時に5000円も手に入れて、大学生活開始の足しにしてください。

(こちらのキャンペーンは、返金保証との併用はできません。ご了承ください。)

お申し込みはこちら

お電話・FAXでのご注文はこちら

購入方法がわからない方は、電話またはFAXによるご注文も可能です。
(電話による受付は平日9:00~21:00、土日祝9:00~19:00になります。)
※教材の詳細は、当ウェブサイトの中盤にあります。

お支払い方法



大型連休中の配送について
配送GW

Q&A

値段が高くないですか?

確かに、まだ受験経験が浅い場合には、もしかしたら高いと思われるかもしれません。しかし、私はこの値段の価値は十分にあると考えています。

例えば、一般的な塾の月謝は、月1万円から3万円程度かかります。月2万円としたら、1年間で48万円です。ただ、塾では具体的な問題しか教えないため、勉強方法や取り組み方が間違っていると成績は伸びません。

また、1週間に塾で勉強する時間より、それ以外の時間のほうがはるかに多い時間があります。その時間にあなた自身が勉強できなければ、成績は伸びません。

一方、私のこのマニュアルでは、効果的な勉強法を教えています。そのため、あなたが勉強するすべての時間において、効率をアップさせ、一気に成績を伸ばすことができます。

また、塾や予備校の場合、私がいた予備校では、夏の講習では、1講座90分5回で1万5千円、2学期の受講料は30万円以上でした。大手予備校の月500万円の合宿が企画されたことは、前述した通りです。

高い授業料を払っても、基本となる勉強法がわかっていなければ、その効果は半分以下です。このことは私の経験からはっきりと言える事です。

年間数十万から数百万円もかかる塾や予備校のことを考えると、この教材とサポートはかなりの安さです。

まだ高校1年生なのですが、効果はありますか?

まだ1年生であっても、早い段階から、効率の良い勉強法を意識して学習を進めたほうが、 今後の成績の伸びは大きくなります。

教材の一部には、やや難しい内容の部分もありますが、全体としては、 基本的な勉強方法を教えているので、高校1年生でも2年生でも十分に役立ちます。

できるだけ早くめにこの方法を活用され、今後の学習の効率を高めてください。

今からでも間に合いますか?

多くいただく質問の一つです。

正直に申しますと、今の現状とこれから目指すレベルによって違います。そのため、具体的にどれくらい伸びるとは述べることはできません。

ただ、塾や予備校に通っていたり、毎日長時間勉強しているのに成績が伸びていないのであれば、勉強法が間違っている可能性があります。 その場合は、直前でも私のマニュアルは、お役に立てると思います。

すべての人が、偏差値40から70になるとはお約束できません。 しかし、私の経験から、少なくとも受験には、様々なコツがあるので、それらを知るだけでもマニュアルは価値があると思います。

その上で、受験本番までの時間を、今のままの方法を続けるか、私の勉強法を実践するかは ご本人の自由です。無理をして買う必要はありません。必要な方だけ購入してください。

ただ、今の時期に成績アップして、一つでも上の大学に行けたり、目標の大学に合格できるとしたら、 お金以上の価値は十分にあると思っています。

ただし、読むだけで成績が上がるようなものはありませんので、成績を上げて合格したい場合は、教材内容を実践するやる気のある方のみ購入していただきたいと思っています。

この教材は具体的な問題を教えるのですか?

いいえ、違います。

教材の中には、具体的な問題を載せている箇所もありますが、基本的には、成績を上げ合格するための勉強法や考え方を教えています。

私の教材やサポートで、効率の良い勉強法を学んだ後は、市販の参考書、問題集や高校で配られたものを使って具体的な問題を解いてください。

大学受験マニュアルと、センター試験マニュアルとの違いは何ですか?

センター試験マニュアルでは、センターレベル、センター形式の問題に特化した勉強法や解き方を教えています。センター試験は、どの受験生も同じ問題を解く関係から、大学受験マニュアルに比べるとやや具体的な内容です。

一方、大学受験マニュアルは、センター試験レベルよりも上の、国公立二次試験レベル、私大の個別試験レベルの問題を解くためのマニュアルです。

センター試験と違い、二次試験や個別試験ではその形式はそれぞれの大学によって異なるので、具体的な問題ではなく、受験に共通する勉強法、考え方を教えています。

定期考査などの高校の試験でも役立ちますか?

はい、もちろん役に立ちます。

私が教える勉強法は、受験に限らず、 学習や勉強の本質になります。ですので、高校の試験でも、効率の良い勉強法を知ってから取り組む場合とそうではない場合とで 結果が違ってきます。

私自身が高校1年生や2年生のうちに知りたかった情報がたくさん書いてあります。

大学受験までまだ時間がある方でも、できるだけ早めに、勉強法に意識を向けて、学習に取り組むことで 半年や1年後には大きな成果として表れてきます。

塾や予備校、通信添削に時間やお金を費やす余裕があるのであれば、まずは私のマニュアルを見ていただきたいと思っています。

マニュアルの代金以外にお金は必要ですか?

このマニュアルは、塾や予備校のように、具体的な問題を教えるものではありません。

勉強法を教えることで、学校や予備校、自習での学習効率を上げることが目的の一つです。

そのため、このマニュアルの代金以外に、マニュアルの中で紹介している参考書、問題集を買う場合があります。もちろん、よほど悪いものでなければ、学校で配られたものや、今まで使っているもので構いません。

浪人当時よく思っていたことは、成績の悪い人ほど、塾や予備校の講義に大金を出すのに、わずか1000円ほどの参考書、問題集には出し惜しみしていました。

市販の参考書、問題集のほうがよほど効果があるのに、有名講師の授業をいくつも受けて、結局何も身に付かないまま受験当日を迎えている人が多いように思いました。

基本的には、マニュアル代金以外にお金はかかりません。しかし、参考書や問題集は、塾や予備校に比べれば、安い出費で、かなりの効果があります。効率の良い参考書、問題集は買って損はありません。

メールでの質問に丁寧に答えてくれますか?

このマニュアルの特典の一つは、現役の医大生や東大卒業生によるメールサポートが受けられるということです。

勉強法のことはもちろん、大学受験に関することなら何でも質問できます。こちらからも、定期的に様々な情報をメールでお伝えする予定です。

通常でも3日以内にはお返事を書いています。よくある通信添削よりも返信は早いです。 ただし、実習が多忙な場合や、試験期間の際には、お返事がやや遅れる場合があります。

1週間以上経っても返信がない場合、迷惑メールとして削除または、届いていない可能性があります。その際は、もう一度メールをしていただくか、お問い合わせフォームからご連絡ください。

質問の際は、できるだけあなたの状況をお知らせいただけると、よりきめ細かなアドバイスができます。多くの受験生から同じような質問がある場合は、音声ファイルを作り、全員に配布します。

本当に返金してくれるのでしょうか?

返金には、適切に対応させていただきます。返金しないということはありません。 ただ、最初から返金目的でご購入いただくことは御断りしております。

本気で受験勉強に取り組みたい方だけに手にしていただきたいと思っています。 返金があるからといって、安易なお考えでの購入はご遠慮ください。

これから受験勉強を始めるのですが、そんな私でも成績は伸びるでしょうか?

はい、大丈夫です。

私の勉強法をしっかりと実行していただければ、勉強すればするほど、 成績は伸びていきます。 ただし、勉強しないで成績が伸びるといった方法ではありません。

そもそも、勉強しないで伸びる方法はないので、 必ず、マニュアルを読んだ後、普段の学習の中で活用してもらう必要があります。 それができれば、十分成績を伸ばすことは可能です。

現在、社会人として働いていますが、今年の受験に間に合うでしょうか?

一概に間に合うとは言えません。先程の質問とも重なりますが、私の勉強法は、読んだだけで伸びるといった方法ではありません。

必ず、その後の勉強時間が必要になってきます。もし、社会人を続けながら受験勉強に取り組むとなると、マニュアルを実行されたとしても、現役生や浪人生よりは効果の出るスピードは落ちてしまいます。

もし、今年で合格したい場合には、勉強時間をしっかりと確保した上で臨んでください。

インターネットで初めて商品を購入するので不安ですが、大丈夫ですか?

インターネットでのご購入に不安を持っておられるかもしれません。 私自身も、インターネットで初めて商品を購入する際には、とても不安だったことを覚えています。

そんな経験から、あなたの不安や心配をできるだけ取り除くために、ウェブビデオを設置したり、 顔写真を掲載したりして、できるだけ信用してもらえるようにしています。

もし、少しでも不安な場合には、電話(03-4330-7494)にてご連絡ください。

同じような受験の教材や記憶術の教材が売っているのですが、どう違うのですか?

はい、インターネット上には、大学受験の教材や、記憶術の教材がたくさん出回っています。 しかし、その多くが、内容と値段があまり釣り合わないもののように思います。

大学受験の教材に関して言えば、他の教材の場合、冊子のみで1万円や2万円ほどするものがあります。 メールサポートもついていなければ、CDなどの付属品もありません。

そんな中、私の教材は、メールサポートや、セットの場合はCD12枚もついています。できるだけ、多くの保護者の方、受験生に、値段と教材の内容が 釣り合っていると感じていただける中身にしています。

他の教材を見比べてていただく際には、冊子以外にサポートが充実しているか、特典はあるのかなどご確認ください。

また、内容を比べると、他の業者様の中には、
「勉強しないで合格できる」
「3カ月で東大理Ⅲに受かる。」

といったかなり誇張された、読んだ方の気持ちをあおるような表現が使われています。 しかし、私の受験経験から、勉強しないで成績を上げる方法はありません。

もし仮に、裏技的な方法があったとしても、根本的な成績を上げるわけではないので、応用が利かず、受験生本人のためになりません。

そうではなく、私の教材では、根本的な勉強方法を教えることで、実力を底上げし、成績を伸ばします。また、大学に行ってからも使える方法なので、あなたの将来に必ず役に立つでしょう。

また、記憶術の教材と比べると、私の教材は、大学受験に特化したマニュアルとなっています。具体的な問題を使いながら解説しているので、漠然とした記憶術よりは、はるかに成績は伸びやすいです。

どのような形で送られてきます?

印刷された冊子とCDがご自宅に届きます。ただし、特典の一部についてはダウンロード形式となります。中身がわからない形で送らせていただきます。

入金完了後、2営業日以内に発送致します。
到着まで3日前後かかります。
休日や祝日、交通の状況によっては、やや遅れる場合があります。

郵便局留めはできますか?

はい、できます。お申し込みの際に、あなたの住所の最後に、局留めしたい郵便局の名前を「○○郵便局局留め」と入力してください。

大平さんや感想の方々はもともと地頭が良かったのではないですか?

もともとの地頭に差があったとしても、それ以上に学習方法によって成績が大きく異なると考えています。

本当に合格した大学や学部があるのなら、地頭が悪いからと最初から諦めるのか、それとも学習方法を変えて挑戦するのが良いのか、賢いあなたには お分かりのはずです。挑戦することを選んだ著者や受験生達は、もともとの頭が悪いという劣等感を抱えながらも、学習方法を改善し、難関に合格しました。

その助けに私のマニュアルは大いに役立ちます。ぜひあなたが挑戦する人生を選ぶことを願っています。

いまいちこのマニュアルのことがわかりません。どういうものなのですか?

はい、このウェブサイトの中で話しているように、このマニュアルは、具体的な問題ではなく、「勉強方法」や「受験に対する考え方、テクニック」を教えています。

私の受験経験と指導経験から考えても、そのほうが成績が伸びるからです。無闇に塾や予備校に通っても成績は伸びません。そもそも、受験の勉強法や考え方を知らないからです。

私が塾の講師や家庭教師をしていたときにも、根本的な勉強法がわからずに成績が伸びない生徒がたくさんいました。

正直、そのような生徒は、塾や予備校に通っても時間とお金を浪費しているだけです。

そういった受験生の手助けになればと、このようなウェブサイトを立ち上げ勉強方法を受験生に指導しています。

受験以外でいえば、「コーチ」あるいは「コンサルタント」と言ったほうが理解できるかもしれません。

先が見えずに間違った方向に向かって努力している受験生に、「その方向は違うよ、成績アップにはつながらない道だよ。」と教えてあげるのが私とこのマニュアルの役割です。

問題集はついていますか?

いいえ、問題集はついていません。

私が新たに問題集を提供するより、すでに使っている高校の問題集や市販の問題集を使って頂いたほうが効率が良いからです。

追伸1

どんなに努力をしていても、勉強法が間違っていると、受験においては無駄な努力に終わってしまいます。 これは私が受験を通して痛感したことです。

このマニュアルは、当時、受験に苦しみ、悩み、勉強法のわからなかった自分を想像しながら書きました。

当時、自分みたいな馬鹿は超難関の医学部に合格できるとは思っていませんでした。しかし、正しい勉強法を知ってからは、どんどん成績が伸び、受験勉強が楽しくなり、最後には憧れの医学部に合格できました。

そして、今では医学生になることができました。あなたにも、この勉強法を知って、憧れの大学や学部に合格してください。

追伸2

あなたを、勉強しても成績が伸びない苦しみから解放し、成績が伸びる楽しさを知ってもらいたい。そんな思いからこのマニュアルを書きました。

あなたは、もしかして、自分は頭が悪く、自分なんかが目標の大学には合格できないと思っていませんか?でもそれは間違いです。 成績が伸びないのは、あなたのせいではなく、あなたの信じている勉強法に原因があります。

今まで教えられたことのない正しい勉強法というものを知り、憧れの大学に合格して、その後のよりよい人生を歩んでもらいたいと思っています。

志望校に合格するまでの過程で得られる成功体験は、今後あなたが受験以外の目標を見つけ、実現しようとしたとき、必ずあなたの力になります。

そんな将来のために、私のマニュアルがお役にたてれば、これほど嬉しいことはありません。

追伸3

先ほどお約束したとおり、このマニュアルには返金保証を付けています。真剣にマニュアルを実践され、成績が伸びなかった場合喜んでご返金いたします。

これであなたのリスクは軽減されました。あなたはわずかな金額で私が長年苦労して身につけた勉強法や考え方を短期間で学ぶことができます。 今後のよりよい人生を考えればわずかな金額です。

そして、このマニュアルをきっかけに受験に成功し、合格した先に得られるものは、お金よりもずっと価値があるものです。

あなたには私のように勉強法を間違えて、センター試験や二次試験で悲惨な点数を取らないでほしいと思っています。私が経験した辛い思いや苦しみを味わってほしくはありません。

このマニュアルで短期間で成績を上げ、憧れの志望校に合格してください。

お申し込みはこちら

お電話・FAXでのご注文はこちら

購入方法がわからない方は、電話またはFAXによるご注文も可能です。
(電話による受付は平日9:00~21:00、土日祝9:00~19:00になります。)
※教材の詳細は、当ウェブサイトの中盤にあります。

お支払い方法



大型連休中の配送について
配送GW

この教材が多くの雑誌やメディアで紹介



大平の受験教材が週刊女性自身2011年5月号やイギリス情報誌mrpartener2011年8月号、 シブヤFMのサンデーブランチで 紹介されました。



また、多くの著名人が表紙を飾る 雑誌・カンパニータンクに、 大平の活動が取材されました。
出典(クレジット):
カンパニータンク 2011年9月号
(国際情報マネジメント有限会社 発行)



また、インターネット教材最大手の大学受験部門で、数ある教材の中で、長年、ランキング1位を獲得しています。




成績が伸び悩んでいる受験生へ


私もかつては、成績が伸び悩み、受験勉強が本当に苦しく、辛い時期がありました。
高校では、成績が悪いというだけで馬鹿にされ、自分はどうしてこんなに頭が悪いのかと自分を責め続けていました。


しかし、効率の良い勉強法を知ってからは、勉強しただけ成績が伸びて、
憧れの医学部に合格することができました。


そんな経験があったので、医学部合格後は、私のような受験生に効率の良い正しい
勉強法を伝えたいと思い、大学受験勉強法マニュアルを執筆し、
受験生や保護者の方に伝える活動を始めました。


効率の良い正しい勉強法を知らないと、塾や予備校に時間やお金を費やしても、
なかなか成績は伸びません。


時間やお金を無駄にする前に、試験で実際に点数を取るために書かれた
このマニュアルを読んで、効率の良い勉強法を知ってほしいと思っています。

受験生のお子様をお持ちの保護者様へ


大学受験を終え、無事合格して思うことは、両親の協力や支えなしには
私の合格は不可能だったということです。


例えば、私は、1浪目を自宅浪人しましたが、世間的には無職の状態であり、
田舎ということもあって、周囲の人達からの、両親や私に対する視線は
冷淡であったように思います。


しかし、それでも私の両親は自宅浪人することを許してくれ、
その後も様々な面で協力してくれました。


また、私は、合格までに、個人塾や衛星予備校、大手予備校を始め、
通信添削や100冊以上の参考書等にお金を使ってきました。
そして、そのお金は、すべて両親が支払ってくれたものです。


まだ収入のない受験生にとって、ご両親の金銭的なサポートは必要不可欠です。
そのため、効果があるかどうか見極める必要はありますが、お子様が必要とする
環境や物品はご用意していただきたく思っております。


受験ではご両親に金銭的に大きな負担がありますが、もし、お子様が、目標の大学があり合格したいと願う気持ちがあるのであれば、その気持ちは、 お金では買えない貴重なものです。


私の両親がそうであったように、これを読んでいただいている保護者様にも、その気持ちを大切にしていただき、受験生のお子様を支えていっていただきたいと思っております。


最後に、受験では、有名な大学や難関大学に合格することも大切ですが、それ以上に、
目標を立てそれを実現する成功体験を作り、「自分ならできる」という強く揺るぎない
信念をお子様に持たせることこそ、 本当に大切なことだと思っております。


その信念さえあれば、私のように成績が悪い時に友人や大人から馬鹿にされ、
劣等感に打ちひしがれたとしても、 再び自信を取り戻し、自分自身の人生を切り開けるものと信じております。


長い文章をここまで読んでいただき、ありがとうございました。 お子様の合格と保護者様のご多幸をお祈り申し上げます。



著者 大平 俊介

数学・化学で偏差値10アップ

■1浪目の医学部受験生から感想をいただきました。

今年国公立医学部の受験に失敗し、このマニュアルを手に取り4月から浪人生活を送ってきました。


このマニュアルを読むまでの高3の受験勉強は、個人塾に通いひたすら数学の問題を解く作業の繰り返し。


数学が大の苦手の私にとって、塾の講師がきれいな回答を書くのを見て、「自分にはこんな解法思いつかない。センスがないのだろうか。」と思い、 復習も十分でない中ただ問題量をこなすだけで、成績は全く伸びませんでした。


このマニュアルを読んで、数学に限らずどの科目においても、必要な秘訣や方法が分かり、 本当に「目から鱗」でした。


今までの自分は何をやってきたのか"と、今までの勉強法が全く違っていたことに愕然するほどでした。


また、勉強面以外においても、精神面などのアドバイスもいただき、現役の時は心に全く余裕のなかった自分を改めることができました。


 マニュアルのおかげで、5月の時点で50ちょっとしかなかった数学と化学の偏差値は、8月になると10以上上がり、ほかの科目もすべて上がりました。 現役の時伸びることのなかった偏差値が伸び嬉しかったです。


闇雲に問題を大量に解くのではなく、マニュアルの方法を意識して問題を解いたことで、成績が大きく伸びたことに感謝しています。

もっと早くマニュアルに会いたかった

■高校3年の受験生から感想をいただきました。

私が本格的に受験勉強を始めたのは、高校2年の秋でしたが、高3の秋になっても真面目に毎日勉強しているにもかかわらず、 どんどん成績が下がっていきました。そのような中、どうして良いか分からず、ネッ トで大平さんのマニュアルを見つけました。


マニュアルの内容はとても詳しく、学校の先生や塾の先生から教えてもらえない点が 載っていました。


各教科の勉強法から生活面、センター前日の過ごし方までわかりやすく説明してあり、分厚い本なのですが、 一気に読みました。同時に、自分がなぜ成績が伸びなかったのか、何が悪かったのかということに 気づかされ、今自分が何をするべきかおのずと見えてきました。


大平さんの経験と現在の自分があまりにも似ていて、大平さんの勉強方法に大きく頷 くところがありました。大平さんが苦手を克服していった勉強方法、考え方を知ることで、自信が湧いてきました。


メールサポートサービスもとても親切で、自分の質問したことの助言+αで返信し ていただけるので、助かります。


不安だったとき、わからなくなったとき、いつもなら試行錯誤していましたがその必要もなく なりました。最近始めたばかりなので大きな成果は出せていませんが、マニュアル通りやっていきたいと思います。


今現在、わからなかったらマニュアルに戻っています。 もっと早くマニュアルに会いたかったです。センターまで1ヶ月ですが、頑張りたい と思います。

9月のベネッセ駿台センター模試でB判定に

■獣医学部志望の再受験生の方にインタビューを行いました。


(約6分間)


「9月のベネッセ駿台マーク模試が返却されました。 今回山口大学獣医学科の判定がB判定が出ました。 英語が9割を超え、数学は8割取れるようになりました。 大平さんのマニュアルを信じ、実行しやってきて本当によかったなと思っています。


本当にありがとうございます。マニュアルを作っていただき感謝致します。 これからもこのマニュアルを使って頑張っていきたいと思います。


3月は合格の報告ができるよう、特に理科に力を入れて努力していきます!

2011年の入試で国公立医学部医学科に
推薦合格(センター試験あり)

■2011年の入試において、国公立医学部医学科に推薦合格された高校3年生にインタビューを行いました。9割には届かなかったものの、現役生でセンター平均8割後半の成績を獲得されました。

※ボタンを押すと音声が出ます。(約5分)※

医学部医学科合格通知書

▲クリックすると拡大します。▲

このマニュアルを購入させていただいたのは、部活も終わりいよいよ本格的に受験勉強 一色になるという6月のことです。私は国立大学の医学部を志望しており、もちろん現役合格したいと思っていました。

しかし、思うように勉強が進みませんでした。そんな時に 何気なくいじっていたパソコンで大平さんのマニュアルを知り、購入しました。何よりも 現役の医大生という所に惹かれたのです。

まず、ボリュームに驚きました。特にマインドの部分にかなりのページを割いており、 それだけでも、意識が変わりました。各教科の勉強法も充実した内容であって非常に ためになりました。

こうして、マニュアルを基に計画をたてて勉強を進めていきました。 はっきりいって最初から効果がでるわけではありませんでした夏休み中に受けた模試も 得点率70%とひどいものでした。

けれども、悩んだらマニュアルを繰り返し読むようにして、 腐らず、勉強を進めていきました。結果が出始めたのは9月、10月に受けたマーク模試です。ここで得点率80%を連続して出せるようになり、力がついてきたと自信がつきました。

また、学校での成績も同じように上がったため、地元の国立大学の医学部の推薦入試 に推薦してもらえました。正直、学校内で推薦できる人数が限られているため、あきらめていたのですが、思わぬチャンスを手に入れることができました。

推薦してもらった以上、絶対 合格してやる!と思った私はますます勉強に力を入れることができました。これもマニュア ルのおかげだと思っています。 こうして、迎えたセンター試験、前日、当日とマニュアルを読み試験にのぞみました。

1日目の文系科目では集中して取り組めたので手ごたえ十分でした。どの科目もほぼ9割を達成しました。 けれども、2日目は緊張してお腹が痛くなりました(泣)それで 理科2科目で思うように点がとれませんでした。

けれども、一番頑張った数学は 腹が痛くてもⅠA、ⅡBどちらも9割とれました。たぶん腹が痛くなければ満点 だったかもしれません。間違えたのは嫌になるくらい単純なケアレスミスでした。

結果、全体9割はいかなくてもまずまずで終えることができました。 そして、推薦入試で合格することができました!このマニュアルは本当にためなったと思います。これからも大切にとっていきたいと思います。本当にありがとうございました。

この教材のおかげで、
国語の偏差値が20アップしました。

■教材を使って成績を伸ばした大学生にインタビューを行いました。

インタビュー音声(約4分)

※音声が出ます。ボリュームにご注意ください。

(クリックすると拡大します。)

第一志望の九州大学に合格しました。

■2011年の入試にて、第一志望の九州大学工学部に合格された高校3年生(男性)にインタビューを行いました。※ボタンを押すと音声が出ます。※

(約4分間)

●合格後、感想もいただきました。ありがとうございます。

勉強に行き詰まり、ネットで勉強法について調べていた時にこの教材と出会いました。そして合格した今、 この教材と出会えて良かったと感じています。この教材で良いなと感じた点は主に4点あります。

一つ目に、各教科毎に詳しい勉強法が紹介されていることです。センター試験勉強法では、センター特有の問題の攻略法や時間配分、センターだからこそできる裏技など、様々なことが載っています。

二次試験勉強法では、基本的となる考え方などを学ぶことができます。この勉強法を忠実に実行すれば、確かな学力がつくのは間違いありません。

二つ目は、大平さんが実際に使った多くの参考書の中からオススメの参考書が紹介されていることです。参考書選び。これは受験においてとても大切なことだと自分は思います。

しかし、実際本屋へ足を運んでみると、多くの参考書の前にどれを選べばよいか分からないと思います。

私は大平さんのおすすめする参考書をほとんど揃えましたが、どれも良い参考書ばかりで、受験を共に戦う相棒として最高でした。後輩達もぜひ参考にしてもらいと思います。

三つ目に、疑問が生じたり勉強法が行き詰まったとき、大平さんに直接メールで質問が出来るということです。私はこのメールを大いに活用しました。受験はどうしても孤独になりがちです。

そして、些細な疑問や質問などはなかなか他の人に聞きづらいものです。そんなときこのメールを使えば、大平さんから直接、丁寧で的確なアドバイスをうけることが出来ます。

このシステムを利用して、私は何の迷いもなく受験に挑むことができました。ぜひ、後輩達にもこのシステムを利用してもらいたいです。

四つ目は、 勉強法だけでなく、モチベーションの維持の仕方、体調管理の方法などメンタル面やフィジカル面においてのアドバイスも多く載っているとこです。

受験は長く、正直楽なものではありません。そしてこの長い受験期を乗り越える為にはモチベーションの維持は非常に大切だと思います。また、いくら勉強をしても試験当日に万全の状態で挑むことができなければ意味がありません。

そうした意味でも、メンタル面やフィジカル面は大切です。

これら4つの点で私はこの教材を使って良かったと感じています。そして、後輩達にもこの教材を使ってほしいと思います。

第一志望の地元の国立大に合格しました。

■掲載が遅れましたが、2011年の入試にて、見事第一志望に合格された高校3年生(女性)にインタビューを行いました。※ボタンを押すと音声が出ます。※

(約3分間)

これ以上購入者が増えてほしくない

■受験生の保護者の方よりご感想をいただきました。

マニュアル購入について(感想文)

大平 俊介 さまへ

平成23年4月30日
中村 公俊

Ⅰ はじめに    わたくしの購入した教材は、「大学受験勉強法マニュアル」と「実践的センター入試高得点マニュアル」です。 ネット検索で大平氏の教材を知り購入しました。

一通り目をとおし、正直な気持ちを率直に申し上げますと、「これ以上購入者が増えてほしくない!何故ならば来年度のセンター試験平均点が上がり過ぎます!」 わたくしの自己紹介をいたします。

現在42歳でサラリーマンを致しております。 息子が一人います。

Ⅱ 購入について 子供に対して「テレビ観るな、ゲームするな、勉強しろ!宿題すんだのか?」 これでは、仕事後に、ごろごろしている私は卑屈になるしかありません。

子供と、関わることは、何でしょうか?息子と一緒に勉強することではないかと気がつきました。 地域の親会などに時々行って、生の声を聴くこと、本をたくさん読むこと、でも振り回されないことも大切か、でも読んでおいて損はない。

いつも、あたりさわりなしばかりです。 それより何より、子供の心に寄り添うことを大切だと思っております。 こんなところでしょうか。

しかし、いざ子供の担任先生となると、とても忙しくて、なかなかこういうことには時間が取れなくなっています。 子供にはぜひ学生のうちに経験して欲しい以上親から子供に贈る言葉です。

Ⅲ 「大学受験勉強法マニュアル」の感想 大平氏はよく受験は通過点で生涯役にたつ勉強をして欲しい。誠に恐縮に同感です。 もっとも熱く語っている「国語編」に注目いたします。

大平氏は過去にセンター試験国語で90点台のことですが、わたくしは、半分のその得点でした。

数学と物理が9割以上の得点でありながら、それは致命傷でした。大平氏も申しているよう理系にとり国語は難題の科目でしょう。

Ⅳ 「実践的センター入試高得点マニュアル」の感想 さすがに大平氏です。ウェブビデオでは、マインドマップを利用して、あきのこない時間配分と分かりやすい説明、且モチベーションアップができました。

ついつい、時間の過ぎることさえ息子と二人忘れました。 これは、願望ですが大平氏の少々の笑顔(顔の症状)が欲しかったです。

Ⅴ おわりに これ以上このマニュアル購入者が増えてほしくない!何故ならば来年度のセンター試験平均点が上がり過ぎます!

文末ではございますが、どうか大平氏ならびスタッフの皆さま、ご自愛のほどよろしくお願い申し上げます。

以上

第一志望校に合格。
現役の頃に出会っていたら・・・

■第一志望校に合格された浪人生より感想をいただきました。

マニュアルを実践して良かった所は何をどうすべきかなどが具体的に書かれていあたことだと思う。

たとえば日本史はセンターの過去問を解くよりも、 ○○○のほうが良いなど、国公立・難関私学・医科大を目指す人にとって効率よく勉強できる方法がマニュアルには書かれていたと思う。

また国語では巷で噂(?)になっている 「裏ワザ大全」などの経験談などがとても役に立った。大平さんが医学部の影響もあるのかもしれにけれど、 割と理系の人に向いているマニュアルかなと思う。

予備校に行けずに宅浪してる人は購入した方がいいと思う。センターの2ヶ月前に購入し、100点ほど点数が上がることが出来た。

1ヶ月前ではさすがにここまで伸びないと思うけど、1年前に購入しセンターまでに実践したらセンターの高得点はいけると思う。 ただ国数英の情報は充実しているけれど、理社の情報が少し物足りないかなと感じた。

ただ買うか買わないか迷っている人は買うほうがいいと思う。

センター模試500点台から
本試験で80%以上をマーク

■掲載が遅れましたが、1月頃に、高校3年生のお母様から感想をいただきました。2011年4月11日掲載

センター受験の一週間前に、わらにもすがる思いでマニュアルを購入致しました。 現在センター受験が終わり、志望校に出願する段階になりますが、おかげさまで過去最高の点数を取ることが出来ました。 取り急ぎ御礼を申し上げます。

息子は、高校3年の秋まで公式戦に参加する伝統のある運動部に所属していました。 つまり、夏も連日の猛練習や合宿の為、予備校に通う時間もなく、全く受験勉強をすることなく高校3年の秋を迎えたわけです。

初めて受けたセンター模試は、500点代でした。あたりまえです。勉強していなかったのですから・・・。

ただ、親には「好きなだけ部活動に打ち込ませてもらった。」という感謝もあり、自分でも「これからは、一心不乱に勉強だけするぞ!」といった覚悟も出来ていたようです。

「今さら予備校に行っても、置いていかれるだけだし、何が足りないのかわかっているから、自分だけでやる。」 と、予備校にも行かず遅れを取り戻すかのように机に向かっていました。

しかし、どうしても時間が足りない。 私も「センターは、HOW TOなくして突破は難しいのではないか?」 と、薄々感じていました。

さすがに年が明けると、本人も自分本位の勉強には限界があると感じたようです。

私もそれまでは、見守るだけで特に干渉をする事はなかったのですが、何かよい方法、それも直前に何とかできる方法はないものか、と探してたどり着いたのが大平先生の教材でした。

息子は予備校にも通わず来たので、そのお金を思えば、この時期にこのマニュアルに出費するのは惜しくないと即効で申し込みました。

教材が到着するのが、本当に待ち遠しかったです。 人間、切羽詰るとすごい集中力が出るのですね。マニュアルにある文言をじっくりかみ締めながら実践していったようです。 (時間の関係で苦手教科に絞っていました。)

そして、センター当日、苦手の国語の成績が過去最高点を取り、 (今年は、難しかったらしいですが・・・) センター得点率80パーセント以上をマーク しました!!

幸運も味方したのでしょうが、同じ高校で早くに部活を引退して受験勉強をしていた同級生よりも高い点を取ったのです。 (もちろん90パーセントを軽く出した優秀な生徒も多かったです。)

これに自信をつけた息子は、大平先生のマニュアルをさらに熟読し、二次試験に向けひたすら前に進んでいます。 第一志望に合格しなければ、来年再挑戦する予定ですが、この時期にこれだけの力を発揮できたのも、大平先生の助言のおかげです。

本当にありがとうございました。

ウェブビデオの感想:実際に、まじめで信頼のおける先輩にアドバイスをもらっている感じがとてもよいようです。人となりがにじみ出て、「この人の言うとおりにすれば大丈夫」と絶大な信頼を置いています。特に、過去の失敗談については、生真面目な息子が同じように陥りそうな失敗にあらかじめ警告してくださっているようで、来年再受験する際にも、回り道しなくて済みそうです。

浪人する分を高1・2に
持って来ればいいのではないか・・・?

■新高校1年生の東山大樹さんより感想をいただきました。

今回新高校生で、まだ高校受験を終えたばかりです。しかし、大学受験では浪人する人も沢山いるとのことで、単純にこう思いました。

「浪人する分を高1・2に持って来ればいいのではないか・・・?」実際はそううまくはいきませんし、浪人生の勉強時間には到底追いつけないですが、だからこそ「効率」で勝負するしかないと思いました。

まだ、マニュアルを何回も深く読んだわけではないですが、1回読むだけでも多くの事を知ることが出来ました。これらのことを活かし、効率の良い方法を実践していきたいと感じました。

何も知らずに、がむしゃらにただただ時間を浪費するだけの勉強をしてしまうことを防げるような感じがします。これから高校生なので、まだまだ時間もありますし、時間があるほどしっかりと極められそうで、何だか楽しみです。

また、模試を大切さを感じました。模試は1年生から学校であるのですが、高校受験の時は、模試の結果に一喜一憂してばかりでした。

しかし、センター試験高得点マニュアルの11ページに書いてあったことがいかに重要なことかを感じました。模試=本番を反映している訳ではないということを忘れずに取り組みたいと思います。

■ウェブビデオの感想:

様々なことが分かりやすく解説されたウェブビデオの最大のメリットは、直接話を聞いている感覚になれることです。

話し言葉と、マニュアルに書くような言葉は多少表現が違い、 時には話し言葉の方が分かりやすいということも多々あるため、音声+映像で話が聞けるのは、大変有意義なことだと思います。

マニュアルでは表現しきれないことや、動画の方が分かりやすいことも沢山あると思うのですが、マニュアルの「盲点」を埋めることに成功しているのではないかと思います。

マニュアルだけだと、書いてあることから自分の頭で想像するため、時には間違っている、微妙に違うということもあると思うのですが、マニュアルと動画でそれぞれ取り扱っている内容は違うにしても、動画があることによって、それぞれの知識を補え合えるような気がします。

現役+浪人の期間の努力と知識が
全て書かれていたような、
すばらしいマニュアルだと思いました。

■私の教材の感想をいただきました。2011年4月11日掲載

大学受験基本編からセンター編まで読ませていただきました。大平さんの現役+浪人の期間の努力と知識が全て書かれていたような、すばらしいマニュアルだと思いました。早速明日から実践しようと思いました。

しかし、ひとつ気になることがありました。それは各教科のおおまかな勉強の流れが書かれていないような気がしたことです。

英語については図でわかりやすく丁寧に示していたのですが、数学は問題解き終えた後、すぐに志望校の過去問演習をするのか、また入試問題集を何冊か挟んでから過去問演習をするのか、化学、物理、生物についても同様です。

あとサマリー等の網羅系が出来ないレベルの人たちへの、アドバイスをもう少し丁寧に説明していただけたら、もっと万人に通用するマニュアルだと思いました。

ウェブビデオの感想:

音声はまだ聞いてないですが、センター試験2010の解説動画を拝見させていただきました。センター試験数学・化学・物理・生物を見た感想は、このように解かなければ、満点または高得点を取ることが出来ないという事実がよくわかりました。

各問題で気をつけなければならない所やテクニックがとてもわかりやすくて、学校の先生の説明よりも理解しやすかったです。

あと、どうでもよいことなのですが、動画の中で、大平先生が画面を動かす(?)際に、動かす速さが速すぎて、目の弱い私には、長時間見る後に、目が痛くなりました。 (ほんとにどうでもよくてすみません)

ですが、全体的に役立つ部分が多かったので、勉強時間を削ってみる価値がありました。ありがとうございました。

内容にびっくりしました。

■高校3年生のお父様より感想をいただきました。

数学の学習方法などまったく想像とは異なる取り組み方法が示されていてびっくりしました。 考え方をマスターしなければならないものだと思っていましたので大平さんの教材で述べていた発想は持っていませんでした。

しかし、確実に高い得点を得るためにはご指摘の内容の方が良いのだろうと納得しました。この内容にそって息子の実力があがり、合格することを祈っている次第です。

●ウェブビデオの感想:

センター試験の内容を系統だって整理されているのでその回答方法について非常に理解しやすく纏められています。

センター試験の構成や特徴が理解できましたので試験の解答順番、時間のかけ方など事前に準備が出来、余裕を持って試験に臨むことが出来るようになると思います。

大学受験のために必要な流れや
成績の伸ばし方がわかりました。

■高校生の方より感想をいただきました。

マニュアルを読んで、大学受験のために必要な流れや成績の伸ばし方がわかりました。

僕は数学が苦手で自分にはセンスがないと思っていましたが、センスに頼らずとも成績上げるための方法がわかり、もう一度最初から勉強しなおしていこうと思いました。そのためにこのマニュアルに書いてあるような方法で、長期記憶になるようしっかりやっていきたいと思いました。

また勉強のやる気を出す方法も参考になりました。

ウェブビデオの感想:今回このセンター試験のウェブビデオをみて、どの教科でもセンター試験では勉強方法は共通していることがわかり、問題を見た瞬間に答えがわかる状態にしておくことが重要だとわかりました。

国語の現代文と小説ではいままでフィーリングでなんとなく解いていて点数がその時々でばらばらでなかなか安定することがなくどうすれば安定して高得点が解けるのだろうと思っていましたが、

フィーリングや選択肢を見て解くテクニックに頼らず設問に対する自分の答えを見つける方法や、選択肢の内容に惑わされず正しい答えを選ぶ方法がわかり参考になりました。

ウェブビデオで学んだ解き方を使えるよう練習したいと思います。

安定して偏差値が70ぐらい取れるようになりました。

■高校3年生の方にマニュアルについてインタビューを行いました。※ボタンを押すと音声が出ます。※

:「はい、よろしくお願いします。」
高校生:「はい、お願いします。」

:「私の教材を知ったきっかけみたいなのはありましたか?」
高校生:「あの、父親がインターネットの口コミで ランキングの上の方に載っていたので、 それを父親に薦められて。」

:「はい、ありがとうございます。 HPを見た時にどう思いましたか?」
高校生:「はい、僕はその頃、あまりセンターの成績も正直8割も取れてなくて、不安だったんで、 なんか心の救いみたいな感じに、夏前だったので だいぶ不安だったので。」

:「実際に届いて読んでみてどんな感じでしたか?」
高校生:「僕は計算ミスが数学で多かったので、 ミスをしない方法はすごくひかれました。」

:「今、実践していてどんな感じですか? 前よりは何か改善された点とかはありますか?」
高校生:「数学は、マークのほうは、やっぱり僕は マークは嫌いなので、ミスは多いですけど、 二次の記述のほうは、安定して偏差値が70ぐらい取れるようになりました。」

:「なるほど、すごいですね。その後の私のメールやサポートとかはどうでしたか?」
高校生:「はい、見てますけど、あの、的確な感じで、 へぇ~と思って、その、実践してみたりとか してます。はい。」

:「ありがとうございます。 じゃあこの後、またセンター試験とか二次試験がんばってください。」
高校生:「ありがとうございます。」

その時期にやるべきことがよくわかって、
いいサポートだと思いました。

■高校3年生(女性)の方にマニュアルについてインタビューを行いました。※ボタンを押すと音声が出ます。(約3分)※

私(大平)「私のマニュアルを購入するきっかけみたいなものはありましたか?」
高校生「母がインターネットで、ネット受験塾のHPを見つけて、 こうゆうのがあるよと教えてもらって、 1回それを購入して実行して見ようということで 買いました。」

「最初見た時、ちょっと怪しいなとか思いましたか?」
高校生「ちょっと思いました。」

「それでも購入してみて、CDとかマニュアルを 聞いてみてどんな感じでしたか?」
高校生「復習は大切だと思いながらも今まではちゃんとそれが実行できていなくて、なんか、どんどん新しい問題を解いて、それで満足していて、だからそれが原因で、 点数があまり良くなかったってことがよくわかりました。」

「なるほど。何かマニュアルを実行して変わった点とか 改善された点というのはありますか?」
高校生「良かった点というのは、今までのやった教材とかプリントやノートをもう一度見直すようになって、 あ~前こういう勉強したなっていう 知識がもう一回(思い出した感じです)」

「その後の、私のメールサポートとかアドバイスというのはどうでしたか?」
高校生「定期的にメールが来て、 その度に、各重要なこと、その時期にやるべきことが よくわかって、いいサポートだと思いました。」

「ありがとうございます。 わかりました。インタビューにお答えいただいてありがとうございます。 それでは、また何か質問がありましたら、 メールでご連絡いただければと思います。 今日はありがとうございました。」

高校生「ありがとうございました。」

内容が具体的で、やっといいものが
あったと喜んでおります。

●高校3年生の保護者の方に私の教材についてインタビューを行いました。後半、二次試験へのアドバイスの内容となっているため、途中でこの音声は終了しています。

※ボタンを押すと音声が出ます。(約5分)※

12月のセンタープレから
センター試験本番では131点アップ

■高校3年生(女性)の方に私の教材についてインタビューを行いました。
もともとの点数が低かったそうですが、それでも、センター全体で131点のアップは立派だと思います。

※ボタンを押すと音声が出ます。(4分56秒)※

今年センター試験に失敗した理由が明確にわかった

■高校3年生の娘さんをお持ちの保護者様より感想をいただきました。

先日マニュアルを購入しました高校生3年生の母です。高校生3年生・・・ということは、もう大学入試も中~終盤に入っているのですが 今回医学部の推薦入試に失敗(=センター試験に失敗)し、 娘のリクエストでマニュアルを購入した次第です。

実は3年生になった時点で大平さんのマニュアルの購入を検討していたのですが、 娘の
「マニュアルなんて読んでいる暇はない!」の一言で見送ったという経緯があります。

あの時、購入していたらもしかしたら結果が変わっていたかもしれないと思うととても残念です。 早速、到着した日にざっと目を通した娘の感想は、 今年センター試験に失敗した理由が明確にわかったということです。

現役で難関国立大合格の沢山出る進学校に通っておりカリキュラムが厳しく、 推薦をもらうための内申点を取るために思い通りの受験準備ができなかったこと、 そのことで心理的に大きなプレッシャーがかかり、うわ滑ってしまい集中力が落ちてしまったことの2つが大きな理由だったと思われます。

来年も学校で推薦を出してくれると確約を取っていますので、浪人を決め、来年に向けての準備に入りました。とりあえずは、経験を積むために2月に私大と国立大を1つずつ受けます。

時間はあまりありませんが、マニュアルの中で活かせる内容のものをチョイスして実践したいと思っています。 3月からは本格的にマニュアルに従って着実に力をつけて行きたいと思っています。

これから先1年はこのマニュアルは彼女のバイブルになりそうです。 送っていただいているメールマガジンも娘の携帯へ転送し、いつでも何処でも何度でもアドバイスをチェックできるようにしています。

購入直後(マニュアルが届く前)からメールマガジンでアドバイスをどんどん送っていただき、サポートも手厚いと感じています。 マニュアルの効果が出てきましたら、また報告させていただきたいと思います。 ありがとうございました。

もうすぐ浪人・・・高3生の母より

もしかして騙されてるかもと躊躇したのですが・・・

■高校3年生の斉藤様より感想をいただきました。

僕は、現在高校3年生です。

一年程前に大学入試に向けて地元の予備校に通い始め、 平日は、高校が終わりそのまま予備校で夜10時頃まで授業を受け、 土日は、一日10時間以上ずっと勉強を続けていました。

予備校に入る前の最初の説明では、夏期講習で大幅に模試等の成績が上がるから大丈夫と言われていました。

ところが、夏休み明けの模試でも成績は思った程上がらず、 1月のセンター試験もいつもの模試程度の成績で、浪人が決定してしまいました。

ただ、このまま一年間浪人したとしても通っている予備校では、 成績を上げるのは難しいのではないかと不安になりネットで色々詮索して、 この『ネット受験塾』に辿り着きました。

購入された方の感想を見て、失礼ながら最初は、もしかして騙されてるかもと躊躇したのですが、何度も読み返したりするうちに、これしかないと確信し注文しました。

まず、注文したと同時に届いた特典のメール(ウェブビデオ等)は、分かりやすく ずっと見続けてしまいました。 特に、センター試験対策ウェブビデオとお薦めの参考書や問題集はとても参考になり ました。

その後に届いたマニュアル本については、非常に丁寧な説明や細やかな指摘に感心すると同時に、こんな方法があったのかと大変驚きました。

今まで学校や予備校の先生方も教えてくれなかった方法を実行して、まず3か月後の成績アップを目標に頑張りたいと思っています。 また、模試の成績が上がれば報告したいと思いますので、 これからもご指導をよろしくお願いします。

今までの私であれば気がつかなかった内容が
たくさん書かれていて、とても参考になりました。

■高校2年生の田中様より感想をいただきました。

私は現在高校2年生です。

目標の大学も決まり勉強を本格的に始めようとしました。
しかしいざ始めようとすると、どうやって勉強をしていいかが分かりませんでした。

なんとか情報を取り入れようと、パソコンで大学受験の勉強法を調べたところ、大平さんのネット受験塾が出てきました。早速購入し、待ちに待ったマニュアルを手に入れました。

読んでみて、今までの私であれば気がつかなかった内容がたくさん書かれていて、とても参考になりました。これから大学受験を迎える人にとって、このマニュアルは受験勉強の効率を良くし、希望を持たせてくれるものだと思いました。

このマニュアルを見る前は、勉強法が分からず、ただただ不安を感じていましたが、読んだ後は自分がどういう風に過ごしていけば、目標の大学に受かることが出来るのかが想像できて、今は焦ることなく毎日を送っています。

現在はまだマニュアルを読み、これからその勉強法を活用していこうという最中なので、3ヶ月後自分にどういう結果が待ち受けているのかはわかりませんが、きっといい結果が待ち受けていることを信じて、今はただ学力を伸ばすことだけを考えて勉強を進めていきたいと思います。

正直最初見たとき詐欺かと思ってたけど
実物を見て安心しました。

■東北にお住まいの高校生よりマニュアルの感想をいただきました。

まだ買って少ししか経っていませんが、早速試してみようと思っています。正直最初見たとき詐欺かと思ってたけど実物を見て安心しました。

各教科についての勉強のポイントなどわかりやすく書いてあって実践しやすいと思いました。またメールサポートも親切で細かいところまで指導してもらっています。参考書のサイトは他にはないので助かっています。

暗記する時間帯などを知っていると効果が何倍にもなるので暗記が楽しくなっていきます。これで英単語も古文単語もバッチリです。受験まで○○○すれば誰でも偏差値が上がっていくこともわかり受験への自信にもなります。

この調子で勉強のペースを維持できるように頑張ります。大平さん本当にありがとうございます。これからも宜しくお願いします。よい報告ができるように受験勉強頑張ります。

失望だけしか感じませんでした。

■高校生の保護者様より感想をいただきました。

息子の医学部受験のために教材を参考にさせていただいておりまし た。大平さんの体験が息子と似ていてものすごく感動しました。

教材は内容が本当に素晴らしいと思います。ボリュームからして他とは群を抜いてますね! 何個か医学部受験向けの教材を買いましたが、失望だけしか感じませんでした。

「優秀な人」でなく「ふつうの人」に向けたもの

■高校1年生のお母様よりマニュアルの感想をいただきました。

このマニュアルを高1の次男の為に購入しました。次男はそこそこのレベルの進学校に通っていますが、「良い成績」や「良い大学」には全く興味を示さず、当然成績は低空飛行です。

親としては地元の国公立希望なので、どうにかならないかと思っていたところ、このマニュアルを知りました。

1か月考えて購入を決めたのですが、届いたマニュアルをみて自分の判断は、正しかったとおもいました。説明が具体的で事細かで、それが全て大平様の経験に裏打ちされた事なので、大変納得のいく内容でした。

何より「優秀な人」でなく「ふつうの人」に向けたものであるというのが、よいと思います。こんなにきちんと「勉強法」を教えてもらえるマニュアルは、他にないと思います。息子の反応も良かったので、何とか数カ月後には、成績upの報告をしたいと思います。

このような素晴らしいマニュアルを作っていただき、本当に感謝いたします。ありがとうございました。

具体的で、直前にも使えるテクニックが満載

■受験生の山下さんから大学受験マニュアルの
感想をいただきました。

(クリックすると拡大して見ることができます。)

基本編からものすごいボリュームで、ここまで丁寧に書いたものだと 思わずびっくりしました。 現在は高3で受験生ですが、私は塾に通っていません。

夏休みに入り友達が一気に大手予備校 に通い出してしまい、そのぶ厚いテキストを 見て「私も行った方がいいのだろうか。」 「学校の授業と自学だけで本当に合格できる のか。」とすごく不安でしたが、マニュアルを読んで 少し自信が持てました。

"何度も何度もくり返す" "勉強したところに印をつける" などは学校の先生からも言われていたこと でしたが、やっぱり大切なのだと改めて気づかされました。 私はマニュアルに書いている通りの典型的な "ダメ受験生"でした。

すぐ落ち込むし、人のせいにするしで、 勉強はするものの効率が悪く自己満足で終わってしまう・・・。 自分から進んで勉強する体制になることが 受験には必要なのだと思いました。 一日の生活の仕方など具体的なことまで 書いてありとても参考になりました。

特典の「参考書、問題集の紹介」では 、写真をもう少し詳しく載せてもらえると、 嬉しいです。 大平さんが医学部受験の方なので 当然とは思いますが、かなり医学部受験生 向きの内容ではある気はしました。

他学部受験の方も大いに参考になると思います。 (私は国公立理系志望ですので、理科編化学の 単位変換のルールが特に嬉しかったです。) 音声付きなので何度も何度も聞こうと思っています。 素敵なマニュアル本を作って下さって ありがとうございました。

何度も何度も意識してやってみないと
本当に成績や結果に結び付かない

■医学部受験生からの感想

マニュアルはうんうん、なるほどと思うことがたくさんありました。でも、読んだだけだと、それでそのままになります。なので、できるだけ自分が思い出したり、やってみようと思うことを書き出すことで再度自分の中に刷り込むようにしました。

いろいろな方法ややり方などを読んでもやらなければいつまでたっても同じ自分のままです。だから、自分が本当に信じて、何度も何度も意識してやってみないと本当に成績や結果に結び付かないと思いました。

なので、今回はできるだけ忠実に従ってやっています。これから、その結果がどんどん出てくることを楽しみにしています。

ただ、単純にだらだら時間を過ごすのではなく、うまく使うこと効率よく使うことそれらが非常に詳しく書いてもらえてるので本当に参考になりました。最高の結果を報告したいと思います。

母もこっそり見ましたが、
これぞまさに目から鱗でした。

■高校3年生のお母様より  ※教材の内容に関しては一部伏せてあります。

センター試験2ヶ月前になり、模擬テストを受けてもあまり成果が出ないように見受けられました。

高校になりほとんど勉強をしなかったので、3年になって受験勉強を始め、ここにきてやっと長時間できるようになったようですが、目に見えて結果が出ないようなのでネットで見たマニュアルの話をしました。

正直、半信半疑でしたが、申し込んだその日からメールをいただき、あまり聞く耳を持たなかった息子が読んでいました。

母もこっそり見ましたが、これぞまさに目から鱗でした。受験本番のような○○で過去問をとく。時間が合わない時は□□□をする。××が重要。同じ問題を△△する。等々。

母も自分の受験の時、聞いておきたかったと思うことばかりでした。 マニュアルが送られてからまだ、1週間あまりですが毎日通学の行き帰りに読んでいると言っています。

数学の計算ミスが多かったのは字が汚かったからだといって答案をきれいに書くように(自分の書いた3と5で計算をまちがえたり、どっちかわからず見直しをする時に初めからやり直したりしていたそうです)心がけていると話してくれました。

化学の計算問題に関しても○○○してもいいんだと言っていました。××××も始めたところです。 参考書などの本を紹介して下さるのも、よかったようで何冊か買ってきてやっています。

センターの日にちが迫り焦り気味ですが、今までやってきたことの成果が本番ででるといいなと思います。

本当にこのマニュアルに出会えてよかったです。

■北海道の受験生からの感想

このマニュアルに出会ってから、去年と勉強方法がガラっとかわりました。

去年までは、数学で言えばただやみくもに問題を解いていただけで、復習もほとんどしていなくて、「できない、できない」と嘆いていたんですが、

このマニュアルを読んでからは一度解いた問題でも○○○○するように解いて基礎知識や典型的なパターンを頭に焼き付ける事を中心に勉強していって、確実に成績は上がっていきました。

そしてこのマニュアルには勉強以外の日常生活で気をつける事なども書いてあり、非常に役立ち、助かりました。

これからもこの勉強法を続けていって大学受験以外のところでも活用していこうと思っています。本当にこのマニュアルに出会えてよかったです。有難う御座いました。

もっと早くこのマニュアルに出会っていたら

■高校3年生の息子さんのお母様より

高校3年の息子の母親です。息子は文系学部を志望しております。 志望する大学はセンター試験でかなりの高得点が必要とされていますが,まだまだ目標の点数に到達しない状態です。

それでも諦めることなく頑張っている息子に何かしてやれないかと,ネットを見ていたところ先生のマニュアルに出会いました。

1か月で190点伸びたという報告に藁にもすがる思いで即購入しました。

マニュアルを読んだ息子は,「もっと早くこのマニュアルに出会っていたら・・」,「でも今からでも遅くない」とマニュアルの質の高さに驚くとともに,現在このマニュアルに沿って一生懸命頑張っています。

センター試験まで2か月を切りましたが,繰り返し読んで3月には合格の報告が出来るようにしたいものです。これからもよろしくお願いいたします。

勉強の方針をやっと立てることが出来ました。

■匿名希望

今までどんな参考書をどれくらいやればいいのか分からず、色々なものに手を着けては最後までやりきれないということを繰り返していました。

ですが、送っていただいたマニュアルにはどんな参考書・問題集をどれくらいやればいいかということが詳しく書いてあって、勉強の方針をやっと立てることが出来ました。

特に理科と社会は暗記科目ですがどの参考書が見やすいか、要点が整理されているのかがよく分からずはかどりませんでしたが、マニュアルに書いてあったものを使用するようにするととても分かりやすく、覚えやすいように感じます。

○○○が大切ということも実感しました。これからもマニュアルの勉強法を実践して、もっと得点を上げられるように頑張りたいと思います。

1時間もあれば100個ぐらいの
英単語が覚えれるようになりました。

■受験生より学校の先生などは、わからない数学の問題などは時間をかけて考えなさいと言っていましたが、マニュアルを実行してみてからは学習スピードが上がり、前よりよくわかるようになりました。

そして△△△△することがとても効率が悪いかということがわかりました。 英語に関して言うならば、□□□することで単語や英文を覚えるということがとても大切であるかということです。

以前までは単語は紙に何回も書いたりして覚えていました。それでも単語を忘れてしまいとても苦労していました。

●●●することによって忘却率が下がり1時間もあれば100個ぐらいの英単語が覚えれるようになりました。

このマニュアルをもっと早くに知っていたらもっと時間を効率的使えていたのになと思いしました。

このマニュアルには嘘がありません

■秋田県の高校1年生からの感想

私はこのマニュアルの冊子が届くまでは「本当に効率のよい勉強方法が書いてあるのだろか。他の勉強法について著されている本とたいして変わらないのではないか。」と疑ったり、

ネット上で紹介されている感想や勉強法ランキングのサイトでベスト3にランクインしているのを見てきたいしたりと半信半疑でいました。

数日後に注文していたマニュアルが届きました。私は届いた後すぐにそのマニュアルを読みました。私は驚きました。

各教科ひとつひとつについて丁寧に勉強方法が書かれていて、やる気や目標の立て方、予備校や通信添削など細かいことまで書かれていたからです。

また、内容もしっかりしていたので、その内容を信じてすぐに実践に移すことができました。 私はこのマニュアルを通して、今までの自分の勉強法が穴だらけだったことがわかりました。

大平俊介さんに感謝しています。ありがとうございました。このマニュアルには嘘がありません。ぜひ、勉強法について悩んでいる皆さんにもこの勉強法を実践して、進路実現に向けて頑張ってほしいです。

評価できます

■受験生のお父様よりご評価いただきました。

私は、受験生を持つ50代の父親です。 日頃、子供の勉強についてコメントする機会があります。多くは勉強そのものよりも「勉強法」・「心構え」に関する事柄です。

自らの経験は、

「公立高校→体育会系クラブ→劣等生→一浪計画→クラブ引退後3年生8月からの猛勉強→現役時は共通一次(現在のセンター) 集中→浪人時(予備校は画一的なカリキュラムで無駄と判断し自宅浪人)は2次集中→私学を受けない。受験は国立1校(京都大学)のみの背水の陣」です。

そのような受験経験に基づく勉強法が現代の受験勉強にマッチしていないか疑問があり、あなたのマニュアルを購入しました。

感想としては、購入してよかったと思っています。一部違和感が残る部分はあるものの総じて私が経験して考えた勉強法や考え方と同じだからです。 さらに、このようなフォローのメールの内容も評価できるところです。

受験勉強法としてはベストではないかと思います。 ありがとうございます。

追記:社会人を経験したものとしては、このような勉強法は「体力任せ」で「短時間」で達成することが重要だと考えます。

つまり、仕事上はこのような覚えて生かすことは当然だからです。それに時間がかかっているようであれば仕事にならない。

大学以降は、「解のない問題」にチャレンジし、自身で「境界条件」を設定することで「解」を導き出し、それをもって「他人に影響力を行使する能力」を蓄積するとよいと思います。ただしこのような能力が求められる社会人は全体の10%程度でしょうが。

「一個人の経験」として終わらせずに,
とても分かりやすく説得力をもって伝える能力がある

■高校3年生の息子さんをもつお父様より感謝のメールをいただきました。

「大平俊介様メールの配信をありがとうございます。

高三の息子は,親の私から見て良く努力しているにもかかわらず,センター模試の成績が伸び悩み苦しんでいる様子だったので,今回受講させていただきました。

(正直なところ,この講座の内容が分からず,受験追い込みの時期に余計な混乱を招 くことも避けたいと考え,まず,自分自身が内容を確認した上で息子に渡そうと,私 が申し込みをした次第です。)

しかし,これは全くの取り越し苦労でした。大平さんの教材は大変素晴らしい内容で したので,直ぐに本人に渡しました。また,送信していただいているサポートメール も転送しています。本人も大変参考になると喜んでいるようです。

もちろん始めたば かりなので,この勉強法が成績向上に結びつくには多少の時間がかかるかもしれませんが,彼なりに苦労してきた経緯がありますから,大平さんのアドバイスは,その本意を理解して,きっと役立ててくれるものと期待しています。

私もかつて医学部受験で大平さんとほぼ同様な経験を積みました。(と言ってもセン ター試験もない大昔の話ですが(笑))。受験時代に数学で大変苦労し,随分と試行錯誤を繰り返しました。

従って,大平さんの経験談は身につまされる内容です。厳しい受験を克服してきた人達の多くは,苦しんで試行錯誤の末,個々の勉強法のノウハウを 確立してきた人達だと思います。

ただし,大平さんの素晴らしい点は,その個人の経験を「一個人の経験」として終わらせずに,とても分かりやすく説得力をもって伝える能力があることです。これは今 後,臨床の現場で要求されるとても大切な能力でもあります。

大平さんはきっと近い 将来,有能な臨床医なられることでしょう。願わくは大学に残り,臨床のみならず後進の育成のために,医学教育にもその力を発揮されたら如何でしょうか。

(自分の教えを実践してくれることでヒトが成長していく喜び,大平さんはきっと教育者の醍醐味を学生の身でありながらが,既に実感されているのではないかと勝手に思っております。)

臨床実習でお忙しい時期と拝察します。 息子の受験は,どのような結果になるか分かりませんが,彼から大平さんに良い報告ができることを一人の親として願っています。 今後の大平様のさらなるご活躍を期待しております。 御礼まで。」

どこの予備校でも同じ、
要は「やる気」と「正しい勉強法」。
これを息子が証明してくれたと思います。

■私の合格お祝いのメールに対して、受験生のお父様より以下のようなお言葉をいただきました。

「1年前、大平さんのHPに掲載されるように頑張れ!と変な意欲付けをしながら息子に発破をかけていた自分が嘘のようです。

本当にありがとうございます。

息子の予備校は、医学部に進学する生徒がここ5年以上出ていないということで、高校の担任からは大手予備校をすすめられていました。

医学部を志望していたクラスメートは大手予備校に通っていましたが、好結果を出したクラスメートはいないようでした。

大平さんがマニュアルの中で指摘していた、どこの予備校でも同じ、
要は「やる気」と「正しい勉強法」。

これを息子が証明してくれたと思います。

> 塾や予備校に大金を使うよりは、効果が
> あると自負しています。

このことは、私の息子が証明しました!

今後とも息子の良き相談相手になっていただけるよう、お願い致します。

本当に感謝致します。お体に注意して頑張ってください。

受験生の父より」

周りに感化されることなく進んでいきたい

■高校生の娘さんをもつお母様よりご感想をいただきました。

娘は現在、高1です。進級して早々4月に、肺気胸を発病し、両方の肺に穴が開いた為、ゴールデンウィークは入院し1学期の体育の授業は見学をしていました。 その為、指定校推薦は狙えなくなり、自力で一般受験をせざるえなくなりました。

元々は薬剤師を希望していましたが、入院や1日医師体験などえを通して医学部へのあこがれが強くなり、もし、成績が上がり偏差値が受験できるくらい伸びれば受けたいと考えています。

しかし、自分が「雲の上」的な存在の医学部に入学できるのか、又、受験できるのか不安でした。周りに医療従事者もいなくて受験勉強を、どのようにスタートして よいのかも分からず、只、大手の塾へ通っている友人を見て焦りを感じていました。

本やCDを使わせて頂いて、1本の道が見えてきたような気がします。発病により受験勉強が滞り自分の目標である医学部受験をあきらめかけてい私共、親子にはCDの声が優しく心に響いてきました。合格を願って下さる方が側にいることはとても心強いです。

偶然ですが、希望大学は主人が進めている大学でしたので、ご縁を感じます。受験は孤独な戦い、大手塾は戦場と思っていましたが、大平さんの努力の結晶や勉強運が詰まった本やCDと共に周りに感化されることなく進んでいきたいと思っています。

今後も、分からないことがあれば大平さんにお尋ねしたいと思っていま すので現役医学生として色々、アドバイスをどうぞお願いいたします。

2009年度入試にて徳島大学医学部医学科に合格

去年の11月頃に大平さんのマニュアルを購入した者です。

現役での医学部合格は逃したものの、 一年浪人し大平さんの言われた通りに、センター対策よりも2次対策を中心に、そして予備校(代ゼミ)の授業は週に1コマのみとり、あとは自習室で効率の良い勉強を行なった結果…

徳島大学医学部医学科に合格する事ができました!!

センターはマークに対する苦手意識があってか、9割は逃してしまったものの、2次対策を入念に行なっていたことが功をせいしたのだと思います!!

本当にありがとうございました。

本当に参考になりました。

■医学部志望の高校3年生より感想をいただきました。

マニュアルはうんうん、なるほどと思うことがたくさんありました。でも、読んだだけだと、それでそのままになります。なので、できるだけ自分が思い出したり、やってみようと思うことを書き出すことで再度自分の中に刷り込むようにしました。

いろいろな方法ややり方などを読んでもやらなければいつまでたっても同じ自分のままです。だから、自分が本当に信じて、何度も何度も意識してやってみないと本当に成績や結果に結び付かないと思いました。

なので、今回はできるだけ忠実に従ってやっています。これから、その結果がどんどん出てくることを楽しみにしています。

ただ、単純にだらだら時間を過ごすのではなく、うまく使うこと効率よく使うことそれらが非常に詳しく書いてもらえてるので本当に参考になりました。最高の結果を報告したいと思います。

センター模試では、英語、数学は9割、
苦手な国語も克服

■センター試験高得点マニュアルを読まれた小林さんから感想のメールをいただきました。

●マニュアル全体としての感想

センター対策本として有名なのは和田秀樹さんや福井一成さんの著作でしょうか?でも私には大平さんのマニュアルのほうが(特に現代文編は!)断然解りやすかったです。

受験生の目に立って本当に丁寧に説明して下さっていると思います。市販本では得られないような秘匿性の高い情報がいっぱい詰まっています。

このマニュアルの勉強法は非常にシンプルなので、本人にやる気さえあれば誰にでも実行可能でしょう(私にも出来たんだから!)。

しかも効果は絶大で、私はこのマニュアルに沿って勉強を進めていたらいつの間にか、英語、数学はコンスタントに9割、国語も戦えるレベルには伸ばせて来ています!

センターで高得点は欲しいけどどうやって勉強したらいいのか全然わからん!という方には特にお勧めだと思います。

● 特に印象に残ったのが、基本編13ページ、センター本番に時間をあわせて問題を解いたほうがいい、というところです。やっぱり本番を想定するって大事なんですね。

● 国語の勉強法は(特に現代文は)今まではどうやって勉強したらよいのか本当に困り果てていましたが、非常に丁寧に説明して下さっていて、とても参考にさせて頂いております。

● 数学編について、9ページのセンター試験の各大問における考え方、特に参考にさせて頂いております。

● 英語編について、センターリスニングについての部分、非常に素晴らしいと思います。

とても興味深い内容

石沢さん

受験生 石沢さん

大学受験勉強法感想口コミ

ご指摘されたセンター高得点マニュアルの背景は一新し、
見やすいデザインに改訂しました。

最高の入試を迎えたい

石沢さん

受験生 横山さん

二次試験マニュアルを一読してとても参考になりました。 3人の元医学部受験生との対談、受験参考書の紹介、 各教科の勉強の方法、どれも為になるものばかりでした。

私は理科(特に化学) が現役時代から苦手でしたったので、 浪人してからもう一度基礎からやり直そうと しております。受験教科の中でも理科は勉強した分だけ 自分に点数がはねかえってくる教科なので、夏休みを通じてしっかり自分のものにしていきたいです。

次に数学についての勉強法ですが、私は昔から数学が大好きでした。しかし今まで点数として 表れることはあまりありませんでした。 なぜなら数学は公式を覚えていてもそれを 点数がとしてものにできることは、ほとんど ありません。

問題のパターンを覚えることが得点につながると思います。理系で一番時間をとられるのが数学なので一日の時間内でほかの教科と並行して有意義な時間をつくっていきたいです。

そしてあと半年という受験生活の中で受験に必要な知識を蓄えてこれからの模試の成績を上げつつ最高の入試を迎えたいと思います。

これが効率のよい勉強の仕方なのだ

■再受験生の方より感想をいただきました

感想:センター試験勉強法マニュアル編

こんにちは、私は現在、立命館大学文学部人文学科心理学専攻に籍を置きながら、受験勉強を続ける再受験生です。

マニュアルを通して読んでみて、一番に実感したことは「これが効率のよい勉強の仕方なのだ」ということに尽きます。浪人時代、私は予備校の他に個人塾にも通い、日々時間を突き詰めて自分を追いつめて勉強していました。

センター試験の直前期、各予備校の出す予想問題集やセンター試験パックでは9割とれていても、それでもセンター試験の本番では9割をとることはできませんでした。

「きっと勉強や努力が足らなかったに違いない」「自分は頭が悪いんだろうか」と自分を責めましたが、このマニュアルを読んで、ただ効率の悪い勉強を、時間をかけてやっていただけなんだと(やっと今になって)気づくことができました。

まず、基本編についての感想ですが、あまり書くとうっかりネタバレになってしまうので少しぼかして書きます。

普段の勉強の比重の置き方、というのは受験生誰しもが考えることだとは思いますが、この比重を間違えると、後半になってからかなり勉強が大変になってきます。思えば、私自身もこの時点で間違えていたんだなぁと思います。

また、留意すべき普段の生活にも触れてあるのはとても面白いと思います。次に、各教科編について。かなり漠然とした紹介になってしまいますが、できる人にとっては再確認すべき点が、苦手な人にとってはすぐに実践した方が良いと思われる点が書いてあります。

私は一応英語や国語はかなりできる方なのですが、ケアレスミスをすることがたまにあるので、そういったものをなくすためにも、点数を取れる人もたかをくくらずに目を通しておくといいでしょう。

実際に最近センター模試を受けましたが、このマニュアルを読んでいたため「ここはミスすまい」と心がけて問題を解くことが出来たので、この心がけだけでも成果があったように思います。

また、役に立ったと特に思うのはおすすめ参考書の項目です。やはり、実際に使ってみて合格した方が推薦しただけに、読む前からやる気が沸きます。もちろん、自分に合うかどうかも確認しないうちに鵜呑みにして買い揃えてしまう、というのは良くありません。

本屋さんで手にとってみて、自分できちんと吟味することが不可欠です。 最後になりますが、このマニュアルは現役高校生・受験生にはもちろん、私のような再受験生にも効果的なアイテムだと思います。再受験生には何より時間が無いからです。

また、休学・退学などが出来ずに仮面浪人しなければならない場合、大学との両立のためにほとんど独学ですべてをこなさなければなりません。

そのような状況にある方(私も含めますが)には特に、サポートが充実している点も加えて、心強いお守りになってくれると思います。

感想:大学受験勉強法マニュアル編

現在、私は立命館大学文学部の心理学専攻に通いながら受験勉強をしている再受験生です。大学に入る前は、医学部合格を目指して2浪していました。

今回は、そんな遠回りをしている人間の視点から、感想を書かせていただこうと思います。 読む前にこのマニュアルに抱いていたイメージは、本当に失礼なのですが、そんなに効果があるのだろうか?というものでした。

今まで自分で一生懸命やってきて結果が出なかった分、変な意地があったのかもしれません。

しかし、大学に通いながら勉強するという現状はそんなに甘いものではなく、ほぼ時間のない宅浪といった感じで、日々の生活・大学の勉強・受験勉強すべてを1人でこなさなければなりません(私は1人暮らしなので)。

そういった背景もあり、もう誰かの力をお借りした方がいいと思ってこのマニュアルを読ませていただくことにしました。まずこのマニュアルで目をひかれたのは、特典の医大生の方たちとの対談音声でした。

友人に医学生は数人いるのですが、普段あまり連絡をとったり会ったりすることができないので大学の話や勉強に関する話を聞くことができ、参考になりました。

また、モチベーションも上がったと思います。  次に、やはりおすすめの参考書・問題集の項目にも興味をひかれました。実際に目標の医学部に受かった人が使っていたものなので、チェックしてもなんら損はないと思います。

私も紹介してある中から1冊だけ購入しましたが、時間のない中で効率よく使えるので、早速重宝しています。 3つ目の特典の難関大学合格法に関しては、再受験生や浪人生にはあまり関係のない項目が書かれているため、現役の方が参考にすべきものだと思います。

さて、メインのマニュアルですが、私は数学があまり得意でないため、とても参考になりました。延々と問題に向き合って自分で解くことができれば一番よいのでしょうが、果たしてそんなにうまくいくのでしょうか?

私が浪人していた頃は、問題をひたすら解いていた記憶が強いのですが、もしかするとトータルの問題数はあまり多くなかったのかもしれません。

それは、解けるまでうんうん唸りながら自分で解こうとしていたからです。もちろん、自分で手を動かして問題に取り組むのは決して間違っていません。

しかし、そこには要領が良いか悪いかということが関わってきます。私は要領が悪かったのです。マニュアルを読んで、そう痛感しました。

他の科目はさして苦手ではないのですが、そういった苦手でない科目も読んでおくといいと思います。「こんなの分かってるし…」と思うような初歩的なことでも、かえって本番で足をすくわれたりすることはよくあります。

初歩的なことは基礎なわけですから、固めておきこそすれ、おろそかにすべきことではないと思います。  最後になりますが、マニュアルを読んですぐに効果が出るわけはありません。

実践して自分のものにして初めて実感できるものだと思います。これは、マニュアル中にも何回か出てきた記述ですが、えてして本当のことだと思います。

私もいろいろ苦戦しながらではありますが、マニュアルで読んだことを頭に置きながら日々勉強しています。

市販の受験本と同程度の
他マニュアルにはもうがっかりです

■受験生のお母様より感想をいただきました

実は、私は大平様の少し前に、予備校講師の『*****************』 というマニュアルを購入しようと考えました。凄く期待していたんですよ。

でも、頂いてみると、和田氏や荒川氏など、市販の受験本と同程度の内容・・・。もうがっかりです。でも、返品可の商品だったので、迷わず返品したんです。

ですので子どもも大平様のマニュアルを買う事に反対していた訳なんですね・・・。 大平様のマニュアルも正直とても迷ったんです。 なにしろ市販本意外の詳しい情報と、少しでも子どものセンター試験に役立てばと思い、購入してみたんです。

ちょうど、子どもの目指している学校の先輩という事もありまして・・・。 はっきり申し上げて、プロ予備校講師よりもよほど、子どもの気持ちになってくださっていると思います。

現役で、センター試験9割って並大抵の事ではないですよね・・・。 結構今まで、2次対策ばかりで、センター試験対策は12月からでよい、という学校や医大生(学校説明会で伺いました)情報を鵜呑みにしすぎました・・・。

センター試験で9割というのはなかなか大変です。 長くなってしまいました。 具体的にどこが、どう良いか感想を逐一致します。 もう一度、感想を書くつもりでじっくり読み返しますね。 (ライバルがふえるのは怖いですが・・

では、また、メールさせていただきます。

やはり受験を終えたばかりの方が
書かれたものは、奥深さが違いますね。

■受験生の保護者の方より感想をいただきました

先日、【ネット受験塾】センター試験高得点マニュアルを購入した者です。 正直申し上げて、このマニュアルは期待していた以上のものでした。

各教科ごとに点数を上げるための極意が記されていて、 大変購入した事に満足しております。これまでにも、センター試験についての市販本は何冊も購入しておりました。

しかしこのマニュアル程、直前に役立つ事が記されているものは初めてです。 センター試験を初めて受ける者としては本当に心強いかぎりです。 やはり受験を終えたばかりの方がか書かれたものは、奥深さが違いますね。

また、メールサポートもついているので、気になる事を随時伺う事もでき、 それだけでも、孤独な受験生への励みとなるようです。

メールの答えも、大平様の温かいお人柄を感じることができ、学校も登校しなくなるこの時期、子どももとても心強い味方を得たようだと申しております。

実は子どもも大平様のように医学部を目指す身。センター試験は一歩も気を抜く事は許されません。本番まで、あと一ヶ月弱ですが、このマニュアルを参考にして最後の追い込みをかけたいと思っております。

大平様、これからも宜しく、ご指導の程、お願い申し上げます。

(高校3年生の母より)

センター模試では、英語、数学は9割、 苦手な国語も克服

■センター試験高得点マニュアルを読まれた小林さんから感想のメールをいただきました。

●マニュアル全体としての感想


センター対策本として有名なのは和田秀樹さんや福井一成さんの著作でしょうか?でも私には大平さんのマニュアルのほうが(特に現代文編は!)断然解りやすかったです。


受験生の目に立って本当に丁寧に説明して下さっていると思います。市販本では得られないような秘匿性の高い情報がいっぱい詰まっています。


このマニュアルの勉強法は非常にシンプルなので、本人にやる気さえあれば誰にでも実行可能でしょう(私にも出来たんだから!)。


しかも効果は絶大で、私はこのマニュアルに沿って勉強を進めていたらいつの間にか、 英語、数学はコンスタントに9割、国語も戦えるレベルには伸ばせて来ています!


センターで高得点は欲しいけどどうやって勉強したらいいのか全然わからん!という方には特にお勧めだと思います。


● 特に印象に残ったのが、基本編13ページ、センター本番に時間をあわせて問題を解いたほうがいい、というところです。やっぱり本番を想定するって大事なんですね。

● 国語の勉強法は(特に現代文は)今まではどうやって勉強したらよいのか本当に困り果てていましたが、非常に丁寧に説明して下さっていて、とても参考にさせて頂いております。

● 数学編について、9ページのセンター試験の各大問における考え方、特に参考にさせて頂いております。

● 英語編について、センターリスニングについての部分、非常に素晴らしいと思います。

もう少し早く出会っていれば・・・

■受験生のお母様からマニュアルに対する率直な感想をいただきました。

はじめまして。 「センタ-試験高得点マニュアル」を購入させて頂きました者です。 高校三年生の受験生の母です。

センタ-本番目前ですが、親として何か出来ることはないかとネットを 調べておりましたら、大平様のサイトに出会いました。


私は「これだ!」という感じがありましたが、主人から購入は反対されました。 「こういう商材で騙されるんだ!」と言われました。(すみません。)


けれど、主人も息子の為に力になりたい気持ちはあり、最終的に息子に 決めてもらうことにしました。 息子は東京大学を志望しており、センタ-で高得点を取らなければ「足きり」 にあってしまいます。 なので、「是非、購入したい」と言いました。


実際内容を拝見すると、主人も息子も「すごい!」の一言でした!! もう少し早く出会っていれば・・・の気も致しますが、 「今」がご縁の時だったのでしょう。


時間のある限り、 今からセンタ-本番までしっかり読み込み、 活用させて頂きたいと思います。

大平様


早速のお返事ありがとうございました。 特典のメ-ルも添付して頂きましてありがとうございます。


息子は今日と明日学校でセンタ-プレを受けますので、 早速大平様のマニュアルを読み込んでいたようです。


「こんな裏ワザがあるなんて、知らなかった!学校の先生が授業の時言ってたのは こういうことなんだ!」 と、目からウロコ状態のようです。 息子は塾や予備校には通っておらず、市販の参考書で勉強しております。


スケジュ-ルや参考書選択の指導は別に受けておりますが、 大平様のマニュアルのような細かいご指導はなかなか受けられるものでは ありませんので、本当に助かります。


大平様もご自身の大変な勉強もありながら、後輩のためにこのようなサイトを お作りになられた事に感謝申し上げ、このご縁を大事にさせて頂きたいと 思います。


今後ともどうぞ宜しくお願い致します。 寒さが厳しくなってきましたので、大平様もお体ご自愛下さいませ。 またご連絡させて頂きます。

自分の力を発揮できなかったら、
その後には後悔しか残らないでしょう

■慶応義塾大学法学部法律学科1年の高橋伸治さんよりメッセージをいただきました。

このマニュアルを読まれた後、センター試験に対する熱い思いを語っていただきました。 どうもありがとうございます。

「センター試験とは、ご存じの通り、大学入試における第一の関門です。 上の大学を目指すにあたって、1点でも多く点を取ることが必要になってきます。

その一点の中には何百、何千という人がつまっていて その人たちを含め、自分の順位というものが出てきます。その一点によって何百番も上に行けるということはお分かりでしょう。

またこのことは、受験者にとっても気持ちの上で大きな強みになっていきます。またセンター試験は他人との戦いでもあり、自分との戦いでもあります。

私自身本番で、模試で普段取っている点よりもいい点が取れたので、二次試験に向け非常に楽になったことを覚えています。ただし、誰もが本番でいい結果を出せるわけではありません。

やはり、センター試験には独特の雰囲気があり、とても緊張しました。 特に一番最初の試験では、手が震えてしまい、うまくマークシートを 塗れなかったことを覚えています。

そのような空気にのまれ、自分の力を発揮できなかったなら、 その後には後悔しか残らないでしょう。そうならないようにするためには、センター試験の一週間前からの日々を どのように過ごすか、ということが大切になってきます。

したがってこれからセンター試験を受ける人は、 最後の一週間に焦ることなく、ピンポイントで勉強することをお勧めします。  また、センター試験はすべての教科を勉強しなければなりません。

つまり、自分の得意な科目も、苦手な科目も受けなければならないということです。 これは二次試験と大きく異なるところです。 中には、『意味のない勉強はしたくない』という人がいますが、それは違います。

勉強をするにあたって意味のないことなどありません。 高校時代に学んだことは、私たちの教養となり、 私たちの世界観を広めてくれているのです。 そしてその教養は大学に入学してからも基礎知識として、私たちの生活を明るくしてくれます。

大学に入ることはゴールではありません。入ってからがスタートです。 そのために、皆さんがまず一つ目の段階として、センター試験を自分の納得のいく形で通過できることを願っています。」

計算ミスを減らす方法はお薦め

できるだけ客観的に判断していただくために、社会人の石川貴康さんより、 マニュアルの感想と、ご意見をいただきました。

「・お薦めの問題集は、アマゾンドットコム等へのリンクを付けてあげると良いと思います。 田舎に住んでいる方の場合、近くの本屋に受験参考書ほとんど置いていない場合もあります。

アマゾンで送料を多めに払えば翌日に本が送られてきますしね。 (クレジットカードが無いと買えないですが、親にクレジットカードを貸してもらえばいいですし)

・試験までの時間が少ない場合、長時間、集中して勉強(1日10時間以上)する必要があります。集中力を維持するには、同じ科目を続けるよりも、2時間毎ぐらいで、科目を変える方が良いと思われます。

・計算ミスを減らす方法は、私個人的に参考になりましたね。 このやり方はすごくお薦めだと思いました。

・数学の16~17ページのような具体例がもっとあるといいと思いました。
・試験1週間前にやるべきこと、試験前日にやるべきこと、試験当日にやるべきことを教えてあげるとよいと思います。」

ご意見を参考にして、さらなるマニュアルの改善を図っていきます。
よろしくお願いします。

記述模試の国語で偏差値60以上を取った時は嬉しかったです。

■国公立文系の受験生へのインタビュー音声(約8分30秒)


このマニュアルに出会い、自分の成績が伸び悩むのが能力の問題ではないことがわかり、本当の「勉強」が何なのか知った時には、 目の前にぱっと道が開けたようでした。

大平さんの「あまり勉強しないで成績の良い友達がいつも羨ましかった。なぜ自分はこんなに馬鹿なのだろうと思っていた」という言葉に、まさにそうだ…!ととても共感し、 以前このように思っていた大平さんが成績を上げる事が出来たマニュアルを信じていこうと決めました。

私はどうやって成績をあげたらよいのか、今やっていることは無意味ではないのか、と悩みながら勉強していたのですが、 これを読んでからはこのマニュアル通りに「正しい勉強」をすれば、必ず伸びるはずだ、と前向きに努力していくことが出来ています。

また、モチベーションがさがったときにどうやってとりもどすか、睡眠の重要さ、学習計画の立て方など生活面においても大切なことが書かれているので、参考にしました。

さらにこのマニュアルを購入して良かったと思っていることは、大平さんから定期的にメールが来ることやメールでこちらからも質問することができることです。 映像や音声が添付されている回では他の購入者の生の声を聞くこともできて、モチベーションアップにつながることもありました。

私は医学部受験者ではないのですが、国立受験者なので勉強方法はかなり参考になります。今年こそは合格すべく、邁進していきます。

センター国語50点アップ、過去最高点を獲得。
難関大学の医学部医学科に合格

■医学部医学科に合格した現役の高校生にインタビューしました。

※ボタンを押すと音声が出ます。(約7分間)※


▲クリックすると拡大します。

代ゼミ私立医歯薬模試で全国19位、2011年医学部合格

■再受験で都内の私大医学部に合格した方にインタビューしました。


※ボタンを押すと音声が出ます。(約10分)※



▲クリックすると拡大します。



大平さん、お久しぶりです。


僕はといいますと、2009年に関東の国立大に入学したわけですが、二年間いた後、再受験いたしました。 国立大学を中退して、2011年に都内の私立大学医学部の医学科に入り直しました。現在私は医大生一年です。


経緯を言いますと、国立大学入って痛感したのが、大学の授業ってホントにひどいなと思いました。 大学の授業ではまず問題集がありませんし、授業は口答ばっかりでした。


私がいた国立大学は、いい大学ですが今いる医学部みたいに試験プリントとか資料なんてなくて、国立大学時代は、成績は落ちぶれて行きました。


こんなんじゃあ医学部に学士入学なんて無理だとすぐに直観したのと、やはり患者さんと一人ひとり話し合って診察なり治療法なり決めていく医師になりたいと考え、私立でいいから医学部を受け直そうと決めました。


今度はセンター試験、特に僕を苦しみ続けた国語や倫理、英語のリスニングなんて考える必要なんてなかったので仮面浪人中は天国でした。


数学は大平さんのマニュアルで指摘していた問題集や、数学は、学校の先生や予備校の講師に言われた方法に騙されないで下さいという大平さんの言葉を忠実に守ってやったらぐんぐん成績は伸びました。


代ゼミの私立医歯薬模試で全国19位をとり、名前も載りました。


結果はといいますと、日本医大、昭和大学医学部、東邦大学医学部、関西医大、杏林大学医学部、全て一次試験を通過し、自らの志望する大学の医学部に入れました。


今いる大学の医学部には全受験生2230人中9位で合格しました。 高校&大学中退者に対して二次の面接審査は厳しかったみたいです。それでも合格できて良かったです。


それまで間違った方法で勉強をするのではなく、早く正しい数学の勉強法を知って入ればと思いましたね。 しかし今いる大学は大満足ですね。あらゆる年齢やあらゆるバックボーンの人がいますから。人生は人と比べていてはつまんないものになりますね。


大平さんはもうすぐ新潟に帰られるのでしょうね。 同じ道に進む以上、またどこかでお会い出来るかも知れません。 その時はよろしくお願いします。

2011年7月の代ゼミ、駿台のセンター模試で
両方とも全国順位200番台を獲得

■大手予備校代々木ゼミナール、駿台予備校の全国センター模試で200番台の成績を獲得した再受験生にインタビューを行いました。(約4分間)



▲クリックすると拡大します。※冊子に名前が載っている関係上、一桁目の数字は隠しています。

30日でセンター全体で190点以上UP

■マニュアルを読まれ、センター試験を受験された現役生のお母様より感想をいただきました。

塾や予備校に通わずに独学で勉強していた息子さんが、1月から本腰を入れてマニュアルの内容を実践し、センター平均5割弱(5教科7科目)からセンター本番では平均約76%を獲得しました。

お母様からのメール

父親の薦めで教材に取り組み、憧れの医学部に合格。

■国公立医学部に合格した浪人生へのインタビュー音声(約8分間)※音声の途中で雑音が入ります。予めご了承ください。※



▲クリックすると拡大します。

センター平均約7割から9割へ。
偏差値54.8から71.0へ。

■共同獣医学部に合格した浪人生にインタビューしました。

※ボタンを押すと音声が出ます。(約16分間)※


合格証書 ▲クリックすると拡大します。




2010年(現役時)と2011年(浪人時)の第2回河合塾全統記述模試の結果 ▲クリックすると拡大します。




第3回河合塾全統記述模試の結果(2010年と2011年) ▲クリックすると拡大します。




現役時 2010年11月代々木ゼミナールセンター試験プレテストの結果 ▲クリックすると拡大します。




浪人時 2011年河合塾センター試験プレテストの結果 ▲クリックすると拡大します。

「大平さんこんばんは。去年の春にマニュアルを購入した者です。 さっそく、ですが報告があります。第一志望の鹿児島大学共同獣に合格しました。

本当に夢のようです。去年はあこがれでしかなかった獣医学部に合格できて 最高にうれしいです。これも大平さんのマニュアルを購入して実行した おかげだと思います。

僕は今年、専門の予備校に通ったんですが そこは私立に特化したところだったので国立の対策(特に国語と社会)が とてもずさんなものでした。

ですが、僕はマニュアルを実行しセンターでは 合計でちょうどピッタリ9割をとることができました。鹿児島大学共同獣医学部は センター:2次が5:2なので合格にはセンター高得点が必須でした。

去年は74%しかなくどうあがいてもダメでしたが今年は逃げ切ることができました。

僕は特に国語が苦手で去年は本当に困りましたが、今年は大平さんのように 9割は逃しましたが約8割5分あったので十分でした。

マニュアルの勉強方法は本当に的を射ていて成績はグングン伸びていき 河合の記述模試では偏差値が65を切ることはありませんでした。

ほんとうにありがとうございました。 これからもマニュアルを通してたくさんの受験生のサポートを続けてください。

一応、報告もかねてセンター得点を書かせてください。

           2011年           2012年

英語筆記        149            183

Listening        26            24

国語          111            169

数ⅠA          89            96

数ⅡB          74            91

生物           98            97

化学           69            97

現社           78            77

P.S 

鹿児島大学の生物は全学部共通ですが、最近、論述がとても多く(去年は90分で 9題、今年は12題)対策が必要なのですが、

マニュアルの生物対策には論述対策が ほとんどなかったので、忙しいことと思いますがこれからの受験生のために 生物の論述対策を追加してあげてください。」

再受験から難関国立大学の薬学部に合格

■再受験生が薬学部の中で上位に位置する国立大薬学部に合格しました。


合格証書です。
▲クリックすると拡大します。

おはようございます。今回は受験の報告をさせていただきます。
第一志望の◯◯大学薬学部に前期日程で合格しました。今は天にも昇るほど嬉しいです。 正直、センターであまり高得点を取ることができなかったために、落ちているのではないかと不安でしたが、2次試験の出来が良かったためになんとか逆転に成功しました。

この半年間の受験生活を振り返ってみたいと思います。

 僕は大平さんのマニュアルを購入し、センター試験で高得点を取るために全力で勉強していました。  当時、僕は再受験に臨むにあたって、より確実で良いペースメーカーになる教材、予備校はないかと悩んでいましたが、

インターネットで検索していたところ、大平さんのマニュアルに目がとまって、 生意気で申し訳ないのですが、なんとなくいい教材のようだと思って中を詳しく調べてみると、 何といっても実績の多さがものすごく印象に残りました。

 そこで実際にマニュアルを購入しました。

教材の中身を拝見したところ、平均的な受験生のレベルを意識して編集されている点が好印象で、また、
「予備校に通っているだけでは点数は伸びない。」
「予備校に通って、もともと頭のいい人の勉強法を続けているだけではいけない。」

などといった、 現役時に予備校に通っていた自分としては、衝撃的であり、かつ斬新な視点を与えてくださいました。

確かに周囲の友人で予備校に通って東大に現役合格した人がいますが、その人は授業料が免除されていたことを考えても、このアドバイスは他の誰もが教えてくれない、 本当に正しいことだと強く共感しました。

これが僕の受験勉強の大きな分岐点になったと実感しています。

 ところで、センター試験対策で目から鱗だったのは、やはり国語の勉強法でした。

当時はセンター試験を含め、国語はセンスやフィーリングといったものがもともと備わった人でないと解くことはできないと思っていました。

しかし、このマニュアルを読み、すぐさま、紹介された本を読みこみ、文章を読むことへの慣れを鍛えていきました。

このおかげで、センター試験の本試験では、過去最高難度とも言われた国語で122点と、大幅に落とすことはなく、なんとか乗り切れました。

 また、読解力を鍛えたおかげで、他教科にもいい影響をもたらしてくれました。 具体的には、以前英語では精読ばかりしていて、下線部和訳といった安直な設問形式にしかまともな解答を書けずに苦労していた上、 読むスピードも遅く、試験時間ぎりぎりで解答していたのですが、文章を大量に読み込んだ結果、

英語の文章の理解力が格段に上がり、読むスピードも上昇し、文章全体の要約もわかるようになりました。

 また、意外だったのは数学での好影響です。

今までの勉強法を改めて、大平さんがマニュアルを通して強調されていたことを意識して勉強しました。

以前の僕であれば、答えを見る段階ですぐには理解しきれず、ずっと考え込んでしまって、あまり順調に進まなかったでしょうが、 読解力とともに理解力が向上し、すんなり理解できるようになり、効率が良かったと思います。

結果、2次試験の数学では、瞬間的に筋道が頭に浮かぶようになり、5問中4問を完答することができました。 これが逆転成功の鍵になったと確信しています。

センター試験では自分の力不足で高得点は逃しましたが、この勉強法に出会っていなかったら、もっと悲惨なことになり、2次試験で逆転することは不可能だったでしょう。

2次試験での逆転のための切符を提供してくださって、本当に感謝しています。

 またマニュアルのほかにも、定期的なメールサポートで、事務局の方々から何度もアドバイスをもらいました。 これにより、勉強の疑問点の解消はもとより、受験生活において一定の緊張感を保てました。

最後まであきらめずに頑張ることができたのも、このメールサポートのおかげです。

 最後になりますが、この約半年間、僕をサポートしてくださり、本当にありがとうございました。

大平さんやサポート事務局の方々は僕の人生を大きく変えてくれた、まさに恩人です。(決して大袈裟ではありません。)いくら感謝しても、感謝しきれません。  これから6年間薬学部に進学して、自分の夢を実現させていきたいと思います。本当にありがとうございました。

自宅浪人から新潟大学教育学部に合格

■経済的な理由から自宅浪人を選択し、この教材とサポートを利用して第一志望に合格しました。

センター試験国語は、現役時200満点中63点からわずか1ヶ月ほどで143点にアップしました。

※ボタンを押すと音声が出ます。(約9分間)※


▲クリックすると拡大します。


現役時のセンター試験国語(自己採点結果)▲クリックすると拡大します。


自宅浪人1ヶ月後のセンター模試国語 ▲クリックすると拡大します。

第一志望の神戸大学医学部医学科に合格

■第一志望校の神戸大学医学部に合格した浪人生から感想が届きました。防衛医科大学にも正規合格しています。

僕は現役の時、神戸大学医学部を受験し、8点差で落ちました。

その頃は何故落ちたのか分からなかったのですが、今では何が原因だったのかはっきり分かります。
それは「●●●●●」です。

現役のころは、問題集を解いて上辺の学力は付いたようにみえても、基礎力が付いていませんでした。 そして、当然落ちてしまいました。

しかし、大平先生のテキストを読み、その勉強の仕方を身につけ実践すると、基礎力が身についてくるのが実感できました。 そして最終的に防衛医科大学に正規合格を果たし、念願の神戸大学医学部にも合格する事ができました。

やはり、本番で活用することのできる本当の基礎力をつける事が真の受験勉強だと思いました。そのことに気づかせていただいた大平先生には本当に感謝しています。 1年間ありがとうございました。

■医学部合格者にインタビューを行いました。インタビューしたのはサポート事務局の幸坂(東京大学教育学部卒業)です。


※ボタンを押すと音声が出ます。(約10分間)※





▲クリックすると拡大します。

現役で名古屋大学医学部医学科に合格

■名古屋大学医学部医学科に合格した受験生のお父様から感想をもらいました。

愚息◯◯◯◯◯ですがこの度、お陰さまで現役で名古屋大学医学部医学科の 合格を頂きました。

これもひとえに先生からの日頃のサポートのお陰と存じます。 長きに渡り誠に有難うございました。

 夏休みまでには化学、物理を一通り終えていたことと、御指示通り12月からは二次 対策は小休止として躊躇なく共通テスト対策に励んだ戦略が功を奏し、8割8分でした。

この切り替えどころを間違えた友人たちは優秀でしたが、結局涙を飲むことになりました。 今年は共通テストで失敗する方が多かったから。

 実は共通テストボケで理科の二次力が戻りきらず、6日後の関西医大の一般入試では 不合格の憂き目に会いました(共通テスト利用の1次試験は合格するも面接の2次で不 合格)。

それも想定内で逆に1ヶ月後の国公立に向けて気合が入り、猛勉強に拍車がか かりました。

 以上誠に簡単ではございますが取り急ぎ合格の報告とお礼まで。最後になりましたが 先生やサポート事務局様の益々の御発展を祈念致しております。


▲クリックすると拡大します。

全国模試に名前が載るほどに。そして国立の医学部医学科に合格。

■高校生の頃は考えられなかった全国模試のランキングに名前が載るまでに成績アップしました。

※ボタンを押すとインタビュー音声が出ます。(約7分間)※


偏差値50台から70~80台に成績を上げた大学生にインタビューを行いました。
インタビューしたのは 事務局の幸坂(東京大学教育学部卒業)です。

数学の記述偏差値48.6から86.8へ、
センター7科目9割以上を獲得。再受験で国立医学部合格。

■国公立医学部医学科に合格した再受験生から感想をいただきました。※国立大学の工学部を中退して医学部受験したため、模試の成績表は2007年と2012年になっています。


合格証書 ▲クリックすると拡大します。




成績が悪かった高校3年生時の河合塾全統記述模試の結果




合格時の代ゼミ全国模試。偏差値70以上、全国総合43位。




合格時のセンター本試験結果。5教科7科目で9割超え。




本人からの直筆の感想

お申し込みはこちら

お電話・FAXでのご注文はこちら

購入方法がわからない方は、電話またはFAXによるご注文も可能です。
(電話による受付は平日9:00~21:00、土日祝9:00~19:00になります。)
※教材内容の詳細は、当ウェブサイトの中盤にあります。

お支払い方法



大型連休中の配送について
配送GW